◆ ◆ ◆

遺品整理

遺品整理

【遺品の片づけ】ゴミ処理場で心をえぐられた

こんにちは、渡辺有です。 先月、両親の法事のため実家へ行ってきました。 父と母は2ヶ月違いで亡くなったので、一周忌はふたり合同です。実家までは車で4〜5時間かかるため、その点は助かりました。本当はもっと暖かい時期ならよかったのですが...
遺品整理

【遺品整理】距離と時間をおいて冷静になる

こんにちは、渡辺有です。 今年は両親の新盆でしたが、姉もアメリカだしお墓参りには行きませんでした。 ちょっとドライすぎるかなと自分でも思いますし、義母も心配してくれました。 しかしこれまでの実家との付き合いもこんな感じだったし...
遺品整理

遺品になった「自分からのプレゼント」が思い出深い

こんにちは、渡辺有です。 亡くなった親の遺品を片づけていると、過去に自分がプレゼントしたものに遭遇することがあります。 「お前こんなトコにいたのか、久しぶりだなぁ」と感動の再会を果たすわけですが、これが意外とよい「遺品」になるので面...
遺品整理

遺品整理でモノは確実に増える。つまりその前に減らせ

こんにちは、渡辺有です。 父の四十九日法要が終わりました。 今回は2泊3日の強行軍だったため、実家の片づけがあまりできまなかったことが心残り。 次回実家に行くのは母の一周忌の2月なので、食品と日用品の処分と持ち帰りをしました。...
遺品整理

母の日【花束を君に】赤と白のカーネーション

こんにちは、渡辺有です。 普段音楽を聴かないわたしですが、宇多田ヒカルは大好きです。 「花束を君に」は彼女の亡くなったお母さんにむけて作った曲だそうです。 沁みます。 明日は母の日。 白いカーネーションを買ってきました...
遺品整理

「小さなお葬式」のメリット・デメリット 金額=愛情ではない

こんにちは、渡辺有です。 当ブログの遺品整理に関する記事には「小さなお葬式」の広告(こちら↓)を入れています。 親が死んだことをネタに金儲けかよ!と怒らないでください。 スポンサーリンク 実はこの「小さなお葬式」にとても興味...
遺品整理

悲しみを癒してくれるもの

こんにちは、渡辺有です。 母が亡くなり2ヶ月過ぎ、現在は日常を取り戻しつつあります。 亡くなった直後は夜中に目覚めて眠れなくなったり、日中ひとりでいると動悸がしたり。 かなり生理が遅れ、自分史上最悪の生理痛にも苛まれました。 ...
遺品整理

【遺品整理】四十九日を過ぎたら日用品から片づける

2月に亡くなった母の四十九日の法要も、無事終わりました。 これでやっと日常生活が取り戻せそうです。 一人暮らしになった父はいろいろ大変でしょうけど、離れているわたしにできることは限られています。 訪問やデイの手配をしてきたので、あ...
遺品整理

愛用ジュエリーは、形見として最適な品

こんにちは、渡辺有です。 身近な人が亡くなったら、生前その人が愛用していたものを形見として手元に置きたい。 自然な考えだと思います。 そう考えると女性の場合は、愛用していたジュエリーが形見として最適な品だと感じます。 母の遺...
遺品整理

【卒業・入学】セレモニーはパールのブローチを付ける

こんにちは、渡辺有です。 わが家は子供が2歳違いなので、入園・卒園・入学とあわただしい時期がありました。 しかし次男が小1となり、しばらくセレモニー関係はありません。 次は2年後の、長男の卒業式。 ここでは母の形見のパールの...
タイトルとURLをコピーしました