◆ ◆ ◆

【50代】麻の服をやめて、艶感をプラス

麻のシャツオシャレ

こんにちは、渡辺有です。

麻の服が大好きでした。

ざらっと乾いた質感と、こなれた雰囲気。
ノーアイロンでも様になり、何度洗濯しても風合いが変わらない丈夫なところも魅力でした。

若い人ならほんわかほっこり。
歳を重ねても肩肘張らない洗練した…桐島かれんさんのような雰囲気に憧れていました。

スポンサーリンク

麻が似合わなくなった理由

でもある日気づいてしまったのです。
「なんか似合ってない!」

歳とともに肌から艶がなくなり、シミ・シワ・たるみも気になるように。そんなカサついたお肌のそばに、同じく乾いた質感の麻。

 

もちろん全ての50代に、麻が似合わない訳ではありません。
ただわたしには、最近なんか似合わないのです。

 

思えば数年前に指摘されていました。

何度かアドバイスをもらったファッションコーディネーターSさんに、もうそんなほっこりはやめなよ、と。

その時着ていたのは、大のお気に入りだったfog linen workの麻ブラウスに、danskoのサボ。

やめなよと言われ、口には出さなかったものの「えー!fogの麻の魅力、分からないのー!!?」と思ったものです。

でも今なら分かります。というか、やっと分かりました。

Sさんはとっくの昔に分かっていたのですね。わたしにはもう麻が似合っていないことに。さすがプロ。

そして素人のわたしがやっと気づいたのは数年後…。

これから着る服に選んだ素材

それはともかく、麻を卒業したわたし(と言いつつ、まだ2枚麻ブラウス持ってますが)が何を選んだかというと「艶感のある生地」です。

とは言っても、艶っつやのサテンとかではなく、細番手の糸で織られた光沢のある綿ローン。

ちょうど北欧、暮らしの道具店でそんな生地のブラウスに出会い、これだ!となった訳です。

 

そんな「まさにこれ!」な服と出会えることは、今後あまりないかもしれませんが、シャツやブラウスを選ぶとき、「艶感」を意識していきたいと思います。

失われていく艶や輝きは、服や小物で補っていく。
50代には必要なことなのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オシャレ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました