◆ ◆ ◆

今日の断捨離・春って捨てたくなる!

若狭塗の魚断捨離

こんにちは、渡辺有です。

春っていろいろやりたくなる季節ですよね。わたしも、いつもはやりたくない掃除がしたくなったり、モノを捨てたくなったりしています。

昨日はメルカリに7点出品しました。まだまだ出品待ちのモノがちが、箱に入ってスタンバイしています。

メルカリでは売れそうもないモノは、処分しています。中古の食器類はまず売れないので(流行の北欧ブランドならまだしも)燃えないゴミです。

母の遺品を捨てるのは心が痛みますが、遺品は数が多ければいいというものではないでしょう。今の自分の生活を優先させたいし、残ったものを大切にしたいと思うので、思い切ることも大切だと思っています。

スポンサーリンク

遺品は毎回少しずつ

今回処分した遺品の食器はこちら。冷茶用の湯呑みと茶托。そもそもうちお客さま来ないし。汗

何かに使えないかな〜と、とりあえず取っておいたお菓子の型。「何にも使えない」と納得したので処分です。

歯磨き用のミラーは可愛くてなかなか捨てられませんでした。顔がついていると(しかも笑っていると)捨てにくいですよね。でも今回は頑張る!

若狭塗のトレイは、青函トンネルが開通した記念のもの。これは伝統工芸に弱いわたしのお気に入りで、かなり前に実家から持ち帰ったものですが、使い道ないんですよね。。かと言って飾っておきたいかと言われればNOだし。

これも今回、思い切ります。

過去の趣味を断捨離

若い頃は絵を描くのが好きでした。でも絵を描くって、楽しいだけではないんですよね。描き上げるまではとても苦しみます。

本当に好きなら、その苦しみも含めて楽しめるのでしょうけど、そこを乗り越えることができなかった。

美大にまで行ってせっかく絵を学んだのに…という想いもあり、描かなくても手放せなかった道具たち。ここまでくるとただの執着ですよね。

思い切って捨ててみたら、気持ちがスッキリしました。

想いを捨てるタイミングは自分で決めればいいと思います。わたしにとっては、今だったということ。

その他もろもろ

ダイニングテーブルが定位置だったゴミ箱。なければないで、どうにかなるだろう!と処分しました。

結果は?

子どもたちが出す食事中のゴミが、テーブルに放置されるように。汗

このゴミ箱はやっぱり必要だったよね、と家族には言われていますが、ゴミ箱を置くよりもゴミを捨てることで解決してくれと言いたい。

これはイカの足…ではなく、フラフープを分解したもの。

分解するのが面倒で捨てるのを後回しにしていたのですが、とうとう捨てました。なかなか分解できずに爪が死にました。

これまで穴が開かない限り捨てることのなかった靴下。ようやく「ヨレヨレになったら捨てる」を体得しました!

身につけるものは「着られればいい」のみではなく、「着ることによって気持ちが上向きになる」も役割だと考えると、捨てどきが変わってくるよなと思った出来事です。

これは粗品でもらった…なんでしょう?健康器具?踏んづけて土踏まずをぐりぐりする道具?

こういう一見ナチュラルなものって、あっても目障りではないので捨てるのを忘れがちです。しかも健康器具なら持ってた方がいいかも?と思いがち。

でも使わなければ捨てましょう。

 

たくさん捨てた気がしていましたが、こうして並べてみると少ないですね。もっとスッキリ暮らしたいと思いつつ、なかなか実現しなくてもやもやします。

でも、買う量より捨てる量が多ければ、着実に「スッキリへの道」を歩んでいると思っていいですよね。

いつか、なんにもないガラーーーンとした部屋を公開することを夢見つつ、でもやっぱり机の上はゴチャゴチャなのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
断捨離
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました