◆ ◆ ◆

【Zoom】オンラインならではの「オシャレ」の必要性

大振りアクセサリーオシャレ

こんにちは、渡辺有です。

コロナ禍をきっかけに、Zoom(スマホやパソコンでできるビデオ会議システム)を使うようになった人は多いと思います。

わたしもコロナ自粛中、Zoomでミーティングをしたりセミナーを受けたりしました。

 

最初のころ一番気になったのが「自分の写り方」です。

化粧や髪型、服装、そして表情。

普通に対面で話すとき、自分の姿は見えませんものね。汗

 

そしてもうひとつ気になったことに「オシャレの仕方」があります。

実際に会う場合のオシャレとZoomのオシャレ。

気にすべきポイントの違いについて考えました。

※プライベートでのZoom利用についての話です。会社や仕事だと少し違うと思います。

スポンサーリンク

Zoomで見える場所・見え方

コロナ禍前ですが、Zoomでコンサルを受けたことがあります。

とても楽しみにしていて、それなりに高額。講師の方はオシャレに関する発信もしていて、「Zoomでは『見え方』にも気を配りましょうね」とご本人もおっしゃっていました。

なのに・・・それなのに!

もちろん髪も化粧も整っていました。しかし洋服が「部屋着っぽいトレーナー」だったのです。

 

トータルで見るとステキなコーディネイトだったかもしれません。ステキなスカートを合わせたミックスコーデで、外出時は流行りの靴やバッグを合わせたかもしれません。

しかし見えるのは胸より上

外に出ないし、単発コンサルだし、それなりに清潔感があればそれでいいよね。

そう考えたと思われても仕方ない、なんとも残念な服装でした。

「あなたのため」のおもてなしが欲しい

Zoomでのオシャレは、自分のためのオシャレというより「おもてなしの心」だと思います。

あなた(たち)のために、時間をとって整えました。あなた(たち)との時間を大切にしていますよ。そんなアピール。

 

必ずしもオシャレである必要はないと思います。

件のトレーナーも、1枚でさらっと着た方が、多分オシャレでしょう。

 

でも・・・Zoomの場合は違うんですよね。

手抜きに見えてしまうオシャレより、明らかに「演出」でも、ダサくても、「あなたのための一手間」が嬉しかったりするのです。

Zoomのオシャレ、具体的にどうする?

Zoomでオシャレ(を演出)するなら、大振りなものが◎です。

小さなネックレスなどは、たとえ高価なものであってもZoomでは目立ちません。

ただし重いものは、長時間つけていると肩こりの原因に。。。

 

ピアスやイヤリングも重いと耳や頭が痛くなりますよね。揺れるタイプは、気が散って話に集中できないこともあります。

ネックレス

オススメは、プラスチックなどの軽い素材の大振りネックレス。上の写真はコットンパール 。軽いです。

天然素材だと、水牛やコハクなどはプラスチック以上に軽いですね。

夏なのでちょうどいい感じのネックレスが、お安く手に入ると思います。

ブローチ

ひとつポンっと付けるだけで「オシャレをしている」ように見えます。

このとき「オシャレかどうか」は別問題。ブローチというアイテム自体が「ダサい」イメージがあるので(わたしは愛用していますが)。

ネックレス以上に体の負担もなく、つけるのもカンタンなので、実はブローチが一番オススメ

スカーフ

スカーフも軽いし、華やかになっていいですね♪

ただちょっと、あしらうのが面倒。時間とともに崩れるのも心配。わたしはあまり使いません。

デザイン性のあるトップス

あとは最初から「上半身にデザイン性のあるトップスを選ぶ」ですね。これなら着るだけでOK!

あらたまった場なら「おもてなし」は必要

気のおけない仲間たちとのおしゃべりなら、部屋着でもいいと思います。そんなときは、わたしもすっぴん&部屋着です。

でもたとえ仲間うちであっても、ちょっとあらたまった場であれば、見た目での「おもてなし」は必要だと思います。有料のセミナーやコンサルなら、尚更です。

 

新しい生活様式が求められる今ですが、オンラインならではの「新しいオシャレ」も必要になってきたのではないでしょうか。

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️お片づけサービス好評受付中!!
山形|心地よい暮らしのお片づけ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オシャレ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました