◆ ◆ ◆

悲しいかな…デニムをはくのは「オバサン」の証明

デニムをはいた足オシャレ

こんにちは、渡辺有です。

真夏以外は、ほぼデニムです。
わたしにとってデニムは、一番「便利なボトムス」です。

 

まずはなんと言っても、シワが気にならない

  • 着用時のシワ
  • 洗濯時のシワ

洗ったあとノーアイロンで、数日連続ではいても大・丈・夫!

 

くつろげるのに、外出もOK

「いかにも部屋着」なスウェット類などは、外出時に着替えが必要です。

でもデニムなら買い物OK。なんならイオンにだってランチにだって、そのまま行っちゃいます。

 

そして、どんなトップスも受け止めてくれる包容力

デニムが「背景」となってくれるので、Tシャツだってブラウスだって、トップスを主役に着こなすことができます。

 

ああ…しかし、イマドキの若い人は、デニムをはかないそうですね。

これを聞いたとき、「時代が終わった・・・」心からそう思いましたョ。

 

よーく考えてみれば、30代の友人何人かと集まったとき、デニムをはいている人はいないか、1人くらいだった気がします。

オシャレな30代のあの人に、脳内でデニムをはかせてみると・・・なんだか一気にオバサンくさくなった気がします!若者(≒オシャレな人)はデニムをはかないと聞いたがゆえの、思い込みでしょうか。

 

わたしもこれからは、友人と会うお出かけのときは、デニムを封印しようと思います。

「オバサン」であることは仕方ないですが、「オバサンくさい」はなるべく避けて生きていきたいので。

 

それでもやっぱり便利なデニム。
部屋着とスーパー、家族とファミレス程度では、これからも手放せない(足放せない?)アイテムだと思います。

 

そう考えちゃうこと自体が、オバサンくさい!?笑

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️お片づけサービス好評受付中!!
山形|心地よい暮らしのお片づけ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オシャレ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました