◆ ◆ ◆

sankaのボトルフラワー【lien(リアン)】を部屋に飾る

sankaのドライフラワーlienインテリア

こんにちは、渡辺有です。

わたしにしては珍しく、飾りものを購入しました。
sankaのボトルフラワー「lien(リアン)」です。

とってもステキなので、ご紹介します♡

スポンサーリンク

山形のボトルフラワー「sanka」

sankaさんは、ボトルフラワー・ドライフラワー・ハーバリウムの製造・販売をされている、山形の会社です。

山形のボトルフラワー(株)サンカ
特殊な方法で乾燥させた生花をボトルの中にアレンジ、密閉することで長くその美しさを楽しむことができる”ボトルフラワー”を製造しています

lienはドライフラワーをボトルに入れたもので、直射日光を避ければ約1年間楽しめるそうです。

わたしが初めてlienに出会ったのは、山形駅の駅ビル・エスパル。
山形県内の民芸品や工芸品を販売している「尚美堂」さんです。

lienには一目ぼれで、即購入して帰りたいくらいでしたが、どの花にすべきか選べず断念。笑

飾る場所が決まり、購入

モノを極力増やしたくない性格なので、例え飾りものでも必然性がないと買いません。
しかし今回は、明確に「飾りたい場所」があったので購入しました。

sankaさんのHPを見ると、Creema(クリーマ)で購入できるとのことで、早速注文。

とても繊細なドライフラワーが、これまた割れやすいガラスに入っている商品なので、正直ネット注文は躊躇しましたが、全く問題ありませんでした。

▼BOXを開けたところ

プチプチで包んであると思いきや、開けた瞬間からステキです♡

▼商品は専用箱に

専用の箱にキッチリ入れられ、カンペキな状態で届きました。

これまた正直なところ、商品は天然の花なので個体差あるだろうし、しょぼかったり花が少なかったりとかするのかな〜と不安でしたが、HPやインスタに載っているのと変わりないキレイなものが届いて嬉しいです。

飾ったのはここ…仏壇の中

飾りたかった場所というのは、ここです。仏壇の中

りんご大きすぎじゃね?とか、いろいろツッコミどころ満載だと思いますが、大きさもピッタリで満足です。

仏壇については、また改めて記事を書きたいと思います。

そもそもなぜlienの中でスズランを選んだかというと。

小さいころ、母がスズランのコサージュを持っていたような記憶があるのです。
そして実家に庭の片隅には、スズランが咲いていました。

母がスズランに特に思い入れがあったという話は聞いていませんが(庭のスズランは、多分祖母の時代からあった)、なんとなく飾るならスズランかな〜と思ったのです。

薄暗い仏壇の中、白いスズランは映えますし。

▼lienには転倒防止用のシールが付属しています。きめ細やかな心づかいが嬉しいですね。

母の日のプレゼントに

lienのラインナップには赤いカーネーションもあるので、母の日にも最適ですね。
スズランがダメになったら、今度はわたしもカーネーションが欲しいです。

華やかなハーバリウムもステキですが、野の花をそっと閉じ込めた趣のlien。
お部屋のインテリアに、とってもステキですよ。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
インテリア
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました