◆ ◆ ◆

すっぴんとフルメイクの狭間で揺れるアラフィフ

コスメとチューリップ美容・アンチエイジング

こんにちは、渡辺有です。

スグ、人に影響されるわたしです。
好きな作家さんが雑誌で「〇〇やってます」と言えば、「なるほどー!やってみよう」。
別な人が「やっぱ△△ですよね」と言えば、「やっぱりそうなのかー!」。

そんなわたしですが「お化粧」で迷っています。

すっぴん VS フルメイク

どちらの路線に進めばいいのでしょうか。

スポンサーリンク

颯爽としたカッコよさ・メイクは口紅だけ

ふと気づくと、周りにノーメイクの人が増えてきました。眉毛をササッと描いて、リップだけ。そんな人は大抵、背筋がすっと伸びて颯爽としていて、かっこいいのです。

一田憲子「大人になって やめたこと」より

created by Rinker
¥1,540(2020/02/24 13:14:38時点 Amazon調べ-詳細)

こんなステキなことを書かれたら、そうなりたいと思っちゃうじゃないですか。

一田さんに限らず、ナチュラル業界・ミニマリスト界隈では、ノーファンデ・ノーメイクが「かっこいい」とされています。確固とした「自分自身」があるので、「そのままで美しい」思考です。

とてもとても憧れるのですが、これを姿勢の悪い小太り中年女がやると、ただのだらしないオバサンに?

あーでも、いつかはこうなりたいなぁという目標です。

メイクの威力は絶大!幾つになっても美しく


▲現在のわたしのメイクボックス

ノーメイクの美しさ(というか、生き様)に憧れる反面、メイクの威力は実感しています。

この場合のメイクは、塗りたくって欠点を隠したり、別人になるメイクではなく、自分の持つ美しさを最大限に発揮するようなメイクです。

メイクの仕事をしている友人にも「(セミナーやお片づけで)お客さまと間近で接する機会があるんだから、マスカラとかちゃんとした方が印象いいよ」と言われました。

友人の確かな技術、ビフォーアフターの落差を目の当たりにすると、「そうすべき」と感じます。

女性がセミナーなどに参加する際、「自分より少しキレイな人に習いたい」という心理を知ってから、ますますメイクの大切さを意識するようになりました。

ノーメイクには憧れつつ、まだまだメイクからは遠ざかれない現状なのです。
(あ!でもファンデーションは塗っていません)

左右にブレながらも、道を進む

あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。
メイクひとつ取っても、左右にブレブレなわたし。

しかしそうやって効率悪く進んでいくうちに、自分なりの道ができていくのかなと思ったりもします。

とりあえず、何処へでもいいので前進。笑
またそのうち人生の転機がくれば、考えもメイクも変わっていくのだと思います。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
美容・アンチエイジング
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました