◆ ◆ ◆

歳を重ねたら、アクセサリーを「ひとつ外す」

ミニマルなオシャレオシャレ

こんにちは、渡辺有です。

40歳を超えた頃から、オシャレに迷走し始めました。
長らく悩んだ末に50手前の現在、スタイル確立とまではいきませんが、堂々と開き直れる(?)ようになりました。

家を出る前に鏡を見て、身につけているアクセサリーを1つ外しましょう

かの有名なココ・シャネルの言葉です。
今の流行的にも、わたしの年齢的にも、これが正解だと思っています。

「出かける前に、ひとつ外す」

ちょうどいい具合に、肩の力が抜けます。

スポンサーリンク

アクセサリーは敵にも味方にもなる

わたしは雑誌ヴァンテーヌを愛読していた年代で、どうしてもアクセサリーをつけすぎる傾向にあります。

ヴァンテーヌといえば、首にはストール・巻髪にはシュシュ、腕時計にブレスレットを合わせて、リングとピアスはぷっくりしたイタリアンジュエリー。
そんなファッションでした。

しかし最近の流行はとてもシンプル。小さな小物を重ねたり、服と小物の色をリンクさせたりなどはしません。
小物の数をたくさん持たなくても、お気に入りのものが少しあればオシャレになれる時代です。

それゆえアクセサリーをつけすぎると、とたんに「昔の人」に逆戻り

しかし歳を重ねると、ジュエリーやアクセサリーに救われることもあります。

ツヤを失い落ちてきた肌。
そこにキラキラした硬質の輝きが加わると、若さを少し取り戻すような気がします。

要は、やりすぎない程度に「小物を効かせる」ことですね。

ある日の装い・プラスとマイナス

<ビフォー>

ベースはシンプルなネイビーのワンピース。腕時計とダイヤピアスはお出かけのマスト。

この日はまだ暑かったですが、小物で秋を取り入れるため、ブラウンのネックレスと、同じくブラウンベースのスパンコールバッグをチョイス。

腕時計はステンレスなので、ブラウン小物となじませるために、ゴールドのブレスレットと、ゴールドのリングを合わせてみました。

・・・でもなんかゴチャゴチャして、「たくさん付けりゃあオシャレでしょっ!」的な雰囲気に。。。

<アフター>

結局、出かける前にゴールドジュエリーは外しました。
ワンピースがロングスカートで布面積がやたら大きかったので、小物を増やすより羽織りものやストールの方がよかったのかもしれません。

まぁ今回は、小物を減らしてスッキリとさせてみました。
この程度が、今の気分。

大ぶりアクセサリーも似合うお年頃?

これまでわたしは繊細なジュエリーが好きでしたが、体型の変化にともなって大ぶりなアクセサリーの方が似合うのかな?と思い始めました。

とは言いつつ、肩こりも気になるので軽めのもので。笑

新しいオシャレの楽しみが広がりそうです。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オシャレ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました