◆ ◆ ◆

結婚後初めて「夫の帰りを待ちわびた」出来事(駄)

夫の帰りを待ちわびる 自分のコト

こんにちは、渡辺有です。

夫は農業なので、お昼には自宅に戻ってきます。
そのお昼休みと、仕事終わりの夕方。窓の外を見てはソワソワする時期がありました(今は、ない)。

結婚後初めて「夫の帰りを待ちわびた」出来事です。

あ、(駄)ですから。
めっちゃ(駄)ですから。

スポンサーリンク

発端は「車が止まった」コト

夫の帰りを待ち遠しく思い始めた前日、いつもの道を車で走っていると、2台前の車が停止しました。
見てみると、どうやら猫ちゃんが道路にいたようです。

普通なら猫は逃げるのに、どうやらその猫ちゃんは車に向かってニャーニャー言っているもよう。
なんかちょっとおバカちゃんのようです。

車はしばらく停止したあと動き出し、猫ちゃんはどこかへ歩き去りました。

とっても可愛い「子ども猫」で、約束がなければ車から降りて触りたいくらいでした。
その出来事は、これでおしまい。

帰宅後夫に話すと・・・意外な展開

その日の夜、何気なく「可愛い猫ちゃんがいたー」という話をしたところ、夫が異常に食いつきました。

いつもは人の話を半分も聞いていないクセに、どんな猫?場所はどこ?いつ頃見た?と連続質問。

色はグレーで、子猫ではないけど大人でもない子ども猫で、場所は〇〇。
なんかちょっとおバカちゃんぽかった、と言うと・・・

「そいつ、俺がつかまえて、途中で逃げられた猫だ」ですって!!!

聞くと、仕事場(事務所)近くにいる猫で、人懐っこくて可愛かったので、連れて帰ろうとしたらしいのです。

動物が好きでもないし(以前、わたしがヘビを飼いたいと言ったときも却下された)、いつも猫には無関心だった夫が!連れて帰ろう=飼おうとした猫だったのです!

初めは軽トラに一緒に乗せていたけれど、ニャーニャーまとわりつくので荷台に乗せたらしい。。。
そりゃあ、逃げるに決まっているでしょっ!ってか、下手したら死んでましたよ。

意外と賢かった猫ちゃん

子どもたちも猫を飼いたがって、翌日「探しに行こう」ということになりました。
しかし翌朝義父が、もともといた事務所の近くで、その猫を見かけたそうです。

車で5分ほどの、そこそこ距離のあるテリトリーまで、自力で戻ったようでした。
おバカちゃんに見えたけど、意外と賢いじゃん、猫。

今度見つけたら「飼う」ことに決まる

その後家族で話し合って、今度その猫を見つけたら連れ帰ってもらって、飼うことにしました。
猫を飼うのに必要なことや経費を調べたり、動物病院をどこにするかを考えたり。

そして夫が帰るたびに「猫ちゃんきたかな?」とソワソワする日々。
つまりは夫の帰宅を待ちわびたわけではなく、猫ちゃんを待ちわびただけですが。。。

しかし残念ながら、最初に猫を見てから半月以上経った現在、飼えていません。多分もう無理でしょう。

理由は・・・猫ちゃんの警戒心がとてもとても強くなってしまったからです。

そりゃそうですよね。
誘拐されて、知らない土地に連れてこられ、自力で戻る。
きっと怖い思いをしたでしょう。

夫はあれから一度見かけたそうですが、全力で逃げられた・・・とのこと。
誘拐犯(=夫)が近づいてきたら、逃げるに決まっています。

こうして猫を飼うという長年の夢はついえました。
死ぬまでに一度は飼ってみたいですが、今はそのタイミングではなかったようです。

すっかり「飼うモード」になっていたので残念ですが、いつかきっと!猫を飼いたいです。

そして当然ながら、夫の帰りを待ち遠しく思う日々も終わりましたとさ。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自分のコト
スポンサーリンク
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました