◆ ◆ ◆

【大成功!!】子どもが自らお片づけをする「キッカケ」作り

次男が片づけたランドセル置き場片づけ

こんにちは、渡辺有です。

ホント自慢じゃないですが、わが家の次男はお片づけをしません。
「床の上は全てボクの場所」をモットーに生きているとしか思えません。

どんな感じかというと、こんな感じ▼

小学生男子の実態
先日、タイトルに惹かれて借りたお片づけ本。上の写真↑は小3次男の荷物。いつもこんな感じ。

それがあるとき、やり方を変えてみたらどうでしょう!最初の写真のようになったではありませんか(写真は日曜日の夜)。

わたし自身が行なった、ちょっとした行動が「キッカケ」でした。

スポンサーリンク

これまでのやり方「いっさい手を出さない」

これまでわたしは、子どもたちが散らかしていても「口は出しても手は出さない」を貫いていました。

ただ単に「いつも散らかっているので片づけるのが面倒」というのもありましたが、親が手伝ってしまったら、子どもたちが「ずっと片づけられないまま」になってしまう気がしたのです。

逆に夫は、自分が座ろうとしたソファに子どものパジャマが置いてあったら、何も言わず片づける派でした。床の上はどんなに散らかっていても放置でしたが。

親が片づける=2:1=放っておく

今月から自宅セミナーを始めるにあたり、わたしも仕方なく子どものモノを片づけ始めました。
しかし全部わたしがやってしまっては、子どもたちはますます片づけから遠ざかる?と思い、わたしが2回片づけたら、1回は放っておくようなスタンスでした。

結果的にこれがなかなかの効果を発揮したのです。

いつも親が片づけてあげると、子どもは「何もしなくてもキレイな状態」に慣れてしまいます。
逆に親がいっさい手を出さないと、子どもは「いつも散らかっている状態」に慣れてしまいます。

ひとつの状態に慣れさせない
これが、子どもが自ら片づけについて考える「キッカケ」になったと思うのです。

いつも親が片づけてくれる
いつも散らかったままで、親は何も言わない

そのどちらでもなく、いつも片づけてくれる親が、あれ?今日は片づけてくれない→それならどうする?→自分でやらなくちゃ

いつも散らかったままなのに、今日はなぜか片づいている→なんでだろう?誰がやったの?→片づいているって気持ちいいな!

そんな風に、考えてくれるのではないでしょうか。

カンペキでなくても、少しずつ…

そうは言いつつ、ソファの上にはやっぱりパジャマが放置されていました。

「パジャマは放置」の写真を撮ろうとしたら、次男が体を張って隠しにきました。笑

そしてそのまま、パジャマを持って逃走(後ろ手にパジャマ)。

いきなりカンペキなお片づけは難しいですが、少しずつ、片づけられる人になってくれることを切に願います。。。

ヘルメット、ズレてるよ次男…。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
片づけ
スポンサーリンク
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました