◆ ◆ ◆

50代からの「人生リセット片づけ」のススメ

50代からの「リセット片づけ」 大人の暮らし

こんにちは、渡辺有です。

前回の記事で30年後の自分について考えてみたのですが↓

「姑が捨てすぎる」が30年後のお悩みスタンダードに!?
こんにちは、渡辺有です。 整理収納アドバイザーで集まると、アドバイザーならではの話題で盛り上がります。例えば、お買い物についてなど↓ 忘年会では「同居の悩み」についても話題になりました。 義実家がモノで溢れているけど、...

もし平均寿命まで生きられるとしたら、残りあと39年。
しかし残された「健康寿命」はというと、残りあと26年。

つまり自分らしく、自分の思い通りに生きられるのは、あと26年というわけです。

50代になったらちょっとここらで足を止めて「リセット片づけ」をすることが、残りの人生を充実させるのではないでしょうか。

おさらい・平均寿命と健康寿命

平均寿命とは、正しくは「 0歳時における平均余命」ですが、「何歳まで生きられるかの平均値」として捉えられることが多いので、そう考えてもいいのではないでしょうか。

対して健康寿命とは「介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間」。

2016年の日本人女性の場合は、以下のような結果になっています。

  • 平均寿命:87.14歳
  • 健康寿命:74.79歳

つまり要介護の状態になった後、平均12年は生きるというわけですね。

50代の「リセット片づけ」とは?

50代というと子供も手を離れて、これからは夫婦ふたりで、または自分だけのために生きていく、まさに第二の人生。
(わたしは高齢出産だったため、子供が成人するのは60歳くらいですが。)

わたしの考える「リセット片づけ」とは、以下の3本柱です。

  • これまでの人生(思い出)の棚卸し
  • これからの「生き方」を踏まえた暮らし作り
  • モノに振り回されない・惑わされないための片づけ

これまで休みなく走り続けてきたところを一度立ち止まって、気持ちや環境を整理し、この先も進んでいけるよう整えることです。

「リセット片づけ」が必要な理由

50年も生きていると、暮らしには「モノ」という形で、余分な脂肪がついてきます。

この暮らしの脂肪は、ともすれば病気の引き金になったり、身軽に動けなくなったり、暮らしを楽しめなくなったり、など人生の足かせになりかねません。

「リセット片づけ」が必要な理由は…

  • 思い通りに生きられる期間(残りの健康寿命)を充実させる
  • 要介護状態になっても、自分らしく穏やかに暮らす

これからも充実した人生を歩むために、必要なモノは取り入れていくべきです。しかし同時に、不要なモノが暮らしのジャマをしないよう、取り除くことも必要ではないでしょうか。

まずは自分で実践!「リセット片づけ」

まずは自分自身で、これからの人生をよりよくするための「リセット片づけ」を実践しながら模索していきます。

これと、これと、これをしておけばOK!
…とはなかなかいかないと思いますが、意識して考えながら片づけていきたいです。

内容的には「生前整理」「老前整理」も含まれると思いますが、50代といえばまだまだアクティブに動ける年代。「生前整理」よりもっとポジティブに「楽しむ暮らし」が前提なのかなと思うのです。

これからも随時このブログで「50代からのリセット片づけ」、更新していきます。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

大人の暮らし
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました