◆ ◆ ◆

ファッション【計画買い】vs【衝動買い】それぞれのメリット

計画的な買い物と衝動買い オシャレ

こんにちは、渡辺有です。

昨年のことですが、整理収納アドバイザー仲間で忘年会をしました。
お世話になった講師の先生や、一緒に受験した同期などで集まり、楽しい時間を過ごしました。

そのとき話題になったのが「モノを減らす方法」。
そもそも「買う段階で吟味すれば、モノは入ってこない」。

そうだよねー、それが一番だよねーと、皆が納得。
さすが全員整理収納アドバイザー、意識高いです。

洋服は「計画買い」で出費もモノも減る

洋服は、何が必要か考えて計画的に買うようにしている。
クローゼットはスッキリだし、洋服選びに時間も取られなくなった。

そうおっしゃった方がいました。
シンプルだけど上品でオシャレな方です。

「計画買い」はわたしも完全に賛成です。
そもそも服の買い方には人それぞれ「クセ」があります。

Tシャツ好きやニット好きな人は、トップスばかり増えていきます。
なかなか理想のパンツに出会えない人は、ボトムスが増える一方でしょう。

そんな中、自分の所有する服全体を把握し、必要なものを買い足していく。
パッと目について「カワイイ!」と飛びつくアイテムよりも、オシャレの土台になるベーシックな服の方が数が必要かつ、オシャレの底上げになるのです。

「計画買い」は、メリットしかありません。

計画買いプラス「衝動買い」のメリット

しかしわたしは「衝動買い」にもメリットはあると思うのです。
もちろん全ての服が衝動買いでは、モノは溢れるしコーディネイトは難しいし、オススメできません。

ベースの部分はしっかり「計画買い」をし、その上で何点か「衝動買い」アイテムをプラスしても面白いのではないでしょうか。

そもそも衝動買いの「衝動」って、何でしょう。

  • そのときの流行
  • 目を引く派手な色柄

これらもあるでしょうけど、

  • 今の自分を元気にしてくれる色柄
  • 本当に自分が「好き」と思えるもの
  • 新しい自分に出会うためにチャレンジしたい服

例え計画外であっても、結局は失敗に終わったとしても、オシャレの「冒険」はコーディネイト力を引き出してくれるのではないでしょうか。

特に若い人にはもっと「オシャレの冒険」をして欲しいと思います。
失敗や成功を積み重ねることにより「ベーシックを選ぶ力」もついてくるのではないでしょうか。

あらかじめ「衝動買い予算」を立てておく

そうは言っても、お買い物にはお金がかかります。
計画できない「衝動買い」を繰り返すと予算オーバーになる危険も。

それなら最初から「衝動買い予算」を立てておきましょう。
ワンシーズンにいくらまで、ワンシーズンに1アイテムなど、自分で決めておきます。

もちろん衝動買いとは言っても、手持ちの服と合わせられるかどうか、シミュレーションはお忘れなく。

衝動買いが減った40代

かくゆうわたし自身は、最近全く衝動買いをしていません。
田舎暮らしのため服を買いに行くときは、しっかり計画しないと回れないこともあります。

しかし年齢や体系的に「守り」の時期に入っているのだと思います。

オシャレに見せる「攻め」のファッションより、いかに欠点を目立たなくさせるかが大切になってきました。

それゆえやっぱり若い人には冒険して欲しいなぁと思うのです。

ベーシックだけで固めたオシャレは、何歳になってもできます。
「〇〇さんらしいね」と言ってもらえるような個性を付け加えることも、ファッションの醍醐味ではないでしょうか。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

オシャレ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト