◆ ◆ ◆

【ロングカーディガン】熟考して買ったのに失敗した原因は

失敗した水色ロングカーディガン ファッション

こんにちは、渡辺有です。

歳を重ねるに従って「似合う服」や「着られる服」が年々変化しています。
以前は一目惚れで買った服も、若さで着こなせていました。現在は、よーく考えて買わないと「結局着られない服」になってしまう確率大。

しかしよーく考えたからといって、最後の「詰め」が甘いと結局は失敗するのです。。。同じ失敗を何度くり返しているのやら。

ロングカーディガンが欲しい!

「普通丈トップス+ボリュームボトムス」
これを定番バランスにしようと決めたのですが、ロングカーディガンも1枚は欲しいのです。

ダラッとしていてもお腹まわりが隠せるし、ロングカーディガンには守られてる感がありますよね。

学校関係の会議は座卓を使うことが多く、そんなときもロングカーディガンだと崩した足やたるんだお腹をごまかせるのがいいです。

そんなダメ人間発想で、ロングカーディガンが欲しかったのです。

過去のロングカーディガンを検証

これまで着用してきたロングカーディガンのよかった点&ダメだった点を抜き出してみました。

茶色・モヘアカーディガン

〇よかった点

  • ざっくりした編み地
  • ふんわりシルエット
  • お尻が隠れる丈

×ダメだった点

  • 茶色が似合わなかった
  • 襟付きデザインは可愛かったが、Vネックの方がよい

グレー・カシミアカーディガン

〇よかった点

  • グレーは何にでも合う
  • カシミア肌触りサイコー

×ダメだった点

  • 丈が短すぎた
  • 細身すぎて昔風
  • ハイゲージは学校の先生風

こげ茶・アルパカカーディガン

〇よかった点

  • 茶系だけど好きな色だった
  • コクーンシルエットが可愛かった
  • お尻が隠れる丈

×ダメだった点

  • クルーネックだったので、カーディガンの面積が広すぎた
  • 五分袖で応用がきかなかった

ロングカーディガンに求める条件

上記の反省を元に、今わたしがロングカーディガンに求める条件を書き出してみました。

  • 色はグレー
  • オーバーサイズのシルエット
  • ふんわり素材もしくはローゲージ
  • 丈はお尻が隠れけれど長すぎない

これらを条件に、実店舗・カタログ・ネットショップなどを見て回りました。

買ったのは水色ロングカーディガン

色はグレーが希望でしたが、この色も気に入ったので決めました。
ハイゲージながらアルパカ混のふんわり素材で、わたしの希望する条件を満たしています。

ディノスのサイトで、なんと44%offでした。
でも・・・・・失敗だったのです。

失敗ポイント

  • 意外と細身だった(特に袖)
  • 平坦な縦長シルエットで、古くさい印象(去年の商品だから?)
  • 重心が下すぎて、骨格タイプウェーブのわたしには難しいシルエット
  • 胸がないので、まるで巨大な水色のまな板が歩いているよう

下の2つは、完全にわたしに似合わなかっただけですが。

ポケットがなく、着丈が10cm短ければカンペキだったと思います。
セールとはいえ17,800円もしたのに、イタすぎます。。。

結局何が言いたいのかというと

ここまで1,000文字、延々と自分語りをお送りしましたが、結局何が言いたいのかというと

試着大事!一番大事!

理詰めで条件を考えたとしても、たった1回の試着にはかないません。
たとえ一目惚れだったとしても、試着して似合っていれば「買い」なのではないでしょうか。

オシャレって理論も大切ですが、結局は似合うか似合わないか。
よーく考えても、試着しないと失敗しますね。
同じ失敗を何度くり返しているのやら。