◆ ◆ ◆

【腕の日焼け防止】日焼け止めの持ち方・塗り方

日焼けが気になる腕 美容・アンチエイジング

こんにちは、渡辺有です。

わたしは割と日焼けに無頓着な方です。
インドア派なので、日焼けとはいっても日中の買い物程度。

それでも最近、腕のシミがひどいです。
オバチャンの腕っぽくなちゃいました。

「面倒なのも、暑いのもキライ」が原因

かろうじて顔は日焼け止めを塗っています。
しかしそれ以外はノータッチ。

日焼けしている自覚はないのですが、腕時計の跡が白く残っているので、全体的にうっすら焼けているようです。

意識高い人は、日焼け止めを塗る・アームカバーをする・UVカットのパーカーを羽織るなどしていますよね。

それらが全て面倒だし、暑いのに腕を布でおおうなど考えられません。
・・・シミもできるわけです。

一番カンタンなのは日焼け止め

アームカバーやパーカーは、選ぶ・買う・コーディネイトする・洗う、などが面倒なので、わたしにもカンタンにできそうな「日焼け止めを塗ること」を徹底しようと思いました。

問題:いかにして忘れずに塗るか
解決策:複数箇所に日焼け止めを置く
通常、同じ用途のモノの所持は「ひとつだけ」と決めていますが、日焼け止めは実家から持ち帰ったものと自分で買ったもの、計3つがあります。
それぞれ置き場所を変えてみることにしました。

化粧水の隣

洗顔後、メイクしない日は顔に日焼け止めを塗ります。
このとき一緒に腕にも塗ります。

わたしが使っているのはこれ▼

スチームクリーム UVプロテクション 33
(ミニサイズもあります)

車の鍵の隣

外出は車なので、鍵を取るついでに日焼け止めを塗り直します。
右腕の方がシミが多いのは、やっぱり運転のせいでしょう。

わたしが使っているのはこれ▼

サンスクリーンmini
(通常サイズもあります)

化粧ポーチの中

ダメ押しで、化粧ポーチの中にもチューブタイプを。
塗り忘れたときや、急に腕以外にも塗る必要がでた場合のために。

まずは「朝塗る」が効果的

日中家で過ごす日は、日焼け止めを忘れがちです。
出かけるときに塗ろうと思って、つい忘れてしまいます。

その日の予定にかかわらず、まず朝塗る。
これが一番効果的です。
洗濯物を外に干す場合は、必須ともいえます。

わが家は(狭小)サンルームに干しますが、窓越しに紫外線が当たるでしょうから、やっぱり日焼け止めを塗ってから干した方がよさそうですね。

揚げものにも注意!油はねでシミ

腕のシミの原因として、侮れないのが「油はねによるシミ」。
揚げものや炒めもののとき油が跳ねてアチッ!となった場合も、たいていの場合放置ですよね。

この油はねが、何年か後にシミになることがあります。
料理の時は袖付きの割烹着を着る、油が跳ねたらすぐに水で冷やすなどした方がよいかもしれません・・・わたしは気にしませんが。

腕の保湿も大切

わたしは白髪もシミも気にしない方ですが、パサパサ・カサカサなのは気になります。
白髪があってもツヤツヤの髪、シミはあってもすべすべの腕でありたいです。

腕にシミがあっても、ハリがあってしっとりしていれば、キレイだと思いませんか。
もちろんシミがない方がいいに決まっていますが、いつまでも20代30代の肌状態でいられるわけではありません。

日焼け止めや保湿クリームはベタつくのでキライだけど、アームカバーなら平気という人もいるでしょう。

あまりカンペキは目指さず、自分が負担なくできる範囲で、キレイを保っていけたらよいと思います。