◆ ◆ ◆
◆ ◆ ◆

アイコン変更しました!
自分で描いてみたョ。似てないけど。笑
吹き出しのキャラクターとかも作りたいな

半袖カットソー「ここが老け見え」ポイント

オシャレ

こんにちは、渡辺有です。

母の遺品の中から、わたしが着られそうな夏服を何着かもらってきました。
試着する時間がなかったので、パッと見の印象だけで選択。

その中の1枚が、笑っちゃうくらい「老け見え」だったのでご紹介。
若い人はそもそも手に取らないと思いますが、40代・50代は要注意です。

可愛い小花柄カットソー

問題のカットソーはこちら▼

黒がちょっとキツイですが、サマーでウェーブなわたしには、まぁまぁ合うんじゃない。
確かに、あと10年くらいしたら合うかもしれません。

老けポイント①ピッタリした袖ライン

肉づきのよくなった二の腕にピッタリとフィットして、存在感を強調してくれます。涙
体型の「老けポイント」をカバーしてくれる、ゆったり五分袖などがアラフィフには◎

老けポイント②ストレッチ素材

品質表示は「綿100%」になっていますが、ポリウレタン入っているだろう!というストレッチ性。

40代・50代にはハッキリいって「トップスのフィット性」は不要だと思いますが、この素材のよい点はシワにならないところ。

確かに自分自身がシワっぽいので、服くらいシワがない方がいいですね。
若い人がシワシワのリネンシャツをカッコよく着こなしているのとは、訳が違うのです。

でもやっぱりこの「ポリウレタン入ってるだろう感」が老け見え。

老けポイント③小花柄

スタイリストの石田純子さんも小花柄に関しては「昭和の香り漂う」とおっしゃってます。
著書大人スタイルの新常識で花柄について言及されています。

  • おしゃれに見えない
  • 体型カバーをしてくれない
  • 地味で古くさい印象

石田さんは「大胆な柄」推しですが、そもそも柄物はスカートに取り入れるのがオススメのようです。

老けポイント④中途半端な襟ぐり

この中途半端な襟ぐりも老けて見えます。

そもそも歳を重ねると首元がシワっぽくなります。
詰まった襟ぐりで隠すか、思いっきり出してアクセジャラジャラにするか、どちらかがいいのではないでしょうか。

老けポイント⑤衿もとの処理

この、白ステッチが2本並んでいるだけで「老け」。
楽天とzozoでカットソーをチェックしてみたのですが、2本ステッチは見かけませんでした。

綿100%でリブの襟元は、下手したら体操服になってしまうかもしれません。
しかしこれ↑はないだろう…が正直な感想。

ジェームスパースのこの襟ぐり感、大人にステキ▼


2本ステッチ以外にも、こんなスカラップ状のフチミシンのような処理(なんていうのでしょう)も、わたし的には老け見え。

こちら↑も母のカットソー。
そしてやはりストレッチ素材。笑
普段着にしています。

老け見えディテールを回避

ショップを選べばそこまで気にする必要はなさそうですが、ちょっとしたディテールで老けて見えることも頭の片隅にメモ。

40代50代は服選びによって「若作りしちゃって」とささやかれたり「オバサン服www」と笑われたり、難しい年齢です。

でもやっぱり自分が着ていて楽しかったり、気分が上がる服が一番ですね。
ファッションを楽しめなくなったときが「オバサン」の入り口なのかもしれません。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

オシャレ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト