◆ ◆ ◆
◆ ◆ ◆

アイコン変更しました!
自分で描いてみたョ。似てないけど。笑
吹き出しのキャラクターとかも作りたいな

40代オシャレ迷子「清潔な男子大学生ファッション+抜け感」を試してみて

清潔な男子大学生のファッション オシャレ

こんにちは、渡辺有です。

30代後半〜アラフィフあたりで「オシャレ迷子」を経験する人が多いと思います。
顔立ちやスタイルなどの外見の老化が、目に見え始めるころだからでしょうか。

何を着たらいいか分からない。
そんな人はとりあえず応急処置的に「清潔な男子大学生ファッション」を試してみませんか。

わたしもアラフォーで打ちのめされた

わたしの場合は、産後太りと中年太りのWパンチ、コンタクトからメガネに変えたこと、顔のたるみで、ファッション的には打ちのめされました。。。

最初は「あれっ?」という、ちょっとした違和感でした。
しかしその違和感がだんだんと大きくなり…

今まで着ていた服が似合わない・何を着ても似合わない・どうしていいか分からない。
こうなると軽く絶望します。
「女としておしまい」とまでは思いませんが、何か自分の中の一部分が崩れてしまったような喪失感がありました。

現在は白やネイビーのオーソドックスなファッションに落ち着き、どうにか心の平安は保たれています。笑

オシャレ迷子の違和感を知る

若い頃わたしは、パフスリーブやピンタック・小さなくるみボタンなど、華奢なディテールが好きでした。
それがね、似合わなくなったときの悲しみよ…

あれ?なんか似合わない?と思ったとき、それは

  • シルエット
  • ディテール
  • 素材
  • 色合わせ

これらのどれか、もしくは複数が似合わなくなっています。
色を変えればまだいける、ギャザーをタックに変えたら大丈夫など、微調整で乗り越えられるのであればOK。
まだまだ迷子ではありません。

本格的迷子は一度リセット

微調整でも対応できなくなったとき、一度リセットすることをオススメします。
スカートをパンツに変えても、シャツをブラウスに変えても迷宮から抜け出せないどころか、ますますドツボにはまる結果に。

そんなときは究極の「ノームコア」(死語?笑)に立ち返ってみます。

Tシャツにデニム、プラスパーカー。
寒ければダウンジャケット。

清潔で爽やかな男子大学生がイメージです。
「清潔」がキーワードなので、シワやシミがあってはいけません。
色は白・黒・ネイビーなどのベーシックカラー限定で。

そんな大学生おらんわい!と言われるかもしれませんが、あくまでイメージですので悪しからず。

「清潔な男子大学生ファッション」を試すメリット

自分が見える

例えば白いTシャツにデニム。
「自分」という素材がくっきりハッキリ見えてきます。
それはもう、顔のシミとかぽっこりお腹まで全部。笑

現実が見えれば、夢は見ません。
自分の行くべき道も、だんだんと見えてきます。
(オシャレを諦めるという意味ではありませんよ。)

引き算ではなく足し算で考えられる

自分が見えたら、必要なモノを足していきましょう。

これまでのファッションのままアイテムをチェンジしても、答えを出すのは困難でした。
しかし全くの0からアイテムを足していくのは、比較的カンタンです。

例えば「鳥」のオブジェを作るとき、立方体の塊から「鳥」を削り出すより、粘土で「鳥」を形作る方がカンタンだと思いませんか。
ちょっと違うけど(全然違うか?笑)、まぁそんなもんです。

クルーネックのTシャツは顔が大きく見えるから、Vネックの方がよさそう。
ストレートデニムは腰の張りが目立つから、ワイドパンツの方がわたしには似合う。

ひとつずつ改善点が見つかりそうです。

急いては事を仕損じる

Tシャツやデニムを身につけただけで改善点が見つかればいいですが、なかなかそうもいきません。
時間をかけてじっくり見極めることが大切です。
しばらくは「清潔な男子大学生的ノームコアファッション」で過ごしてみませんか。

たぶん同年代の人たちは、細かくデザインされた・流行の・カラフルな服を着ていると思います。
その中でベーシックカラーのベーシックデザインの服は、いい意味で逆に目立ちます。

装飾過多な時代に、シンプルであることはオシャレに映ります。

中年小学生にならないために「抜け感」

出ました!抜け感です。笑
でもこれ大事。抜け感大事。

男子大学生ファッションであっても、着ているのは大人の女性です。
やはり大人の余裕的「抜け感」を作らないと、中年なのか小学生なのか分からなくなります。

俗にいう「3首出せ」は、こなれ感がないと逆に「オシャレ頑張っちゃってマス」的な痛々しさが漂います。

男子大学生ファッションには1箇所、1箇所だけ「大人の余裕感」を出しましょう。

スニーカーではなく、ヒールをはく
手首を出して華奢な腕時計をする
シャツの胸元を大きく開ける

ダイヤモンドもいいです。男子大学生は絶対つけませんから。笑

そこからさらに、パーカーは子供っぽいし首回りがもっさりするからロングカーディガンにしようとか、Tシャツはピンクにしようとか、やっぱりスカートにしようとか、自分に似合うようにアレンジしていけます。

そのためにもまずは、バック・トゥ・ザ・ベーシック。
本当の自分を直視してみましょう。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

オシャレ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト