◆ ◆ ◆

トリセツ「自分で服を管理しない夫」の取扱説明書

服に興味のない夫 収納

こんにちは、渡辺有です。

夫は服に興味がないようです。
たまに自分で買いにいくと、オレンジ色のスキニーなんて超!難易度高いんですけど!な服を選んだりします。そして当然ながら、着ない。

服に興味がないので、服の管理もしません。
イラッとしますが、ここは逆転の発想。
「夫が服に興味がない」メリットはたくさんあります。

服を買わないので経済的にラク

一番のメリットはこれでしょう。
服が大好きでオシャレな人は、ホントお金かかりますからね。

しかしここには面倒なデメリットも付随してきます。
夫が服を買わないからといって、裸のままもしくはボロ服のまま放流するわけにもいきません。

  • 所持している服の把握・管理
  • 処分と買い足し

このふたつはやらねばなりません。

服をアイテム別・季節別に分類し、収納する。
古くなった服を処分し、TPOに応じて必要最低限を揃える。

自分の服なら楽しいこの作業も、夫の服だとただの義務。
しかしここは「服飾費が最低限しかかからない」のために、頑張りどころです。

Point:服に興味がないとはいえ、処分するときは本人の許可をとりましょう。

短時間で服を買える

夫の服を買うとき、本人が服に興味がないからといって、勝手に買うことは難しいです。
それはやっぱり「試着」した方がいいから。
サイズが合わないと、返品交換の手間・妥協しても結局着なくなったりなど、ムダがでます。

買いに行くときは、アイテム・枚数・素材・そして手持ちの服に合う色や柄まで絞っておきましょう。
そうすれば夫の服選びに半日潰れた…なんてことは回避できます。

服に興味がないくせに、お店に行くと個性的で目立つ服を手にとる人もいます。
こういう人はたいてい「その服、単品」のみを見ていて、コーディネイトのことは考えていません。

おかしな服を手にとっても「なにそれ、変!」と否定せず、手持ちの服には合わないんじゃないかな〜と、さりげなく誘導しましょう。

Point:服を褒めず、その服を着た夫を褒める(似合っていれば)

管理しやすい収納にできる

夫は服に興味がないので、服の収納についてなんて全く意に介しません。
わたしが片づけない限り、真夏になっても引き出しのベストポジションにヒートテックが置かれていますから(片づけますがね)。

全くやらないならここは割り切って、自分の都合のよい時期に、都合のよい収納をしてしまいます。
ただ共働きの場合は、妻にばかり負担がかかって納得いきませんよね。

その場合は下着からアウターまでアイテムごとに所持枚数を決め、収納場所もアイテムごとに決めてしまうといいかもしれません。
引き出しに「パンツ」「靴下」「Tシャツ」などのラベルも貼っちゃいましょう。

Point:管理のしやすさが最優先

服に興味のない夫に「買う服」

わが家の場合、日中夫は作業着なので、私服は最低限でOKですし、着る機会が少ないのであまり傷みません。
それなのでめったに服は買わないのですが、買う場合はたいていわたしが選んでいます。

選ぶ基準は…

  • 似合う服
  • 応用のきく服
  • ベーシックな服
  • 飽きない服

やっぱり似合うかどうかが一番重要ですね。
あとは手持ちの服との組み合わせと、いつも同じ服を着ていてもバレないこと。笑

まぁ義母あたりにはバレますが。
バレて時々、服をもらったりもします(夫のね)。
でも違うんですよ〜、服を買ってあげない鬼嫁なんじゃなくて、服の買い替えサイクルが異常に長いだけなんですよ〜。

Point:夫と自分の服の、金額レベルは合わせる
高価な服を買うときは、自分の貯金からだしています。

大人なんだから自分の服くらい自分で管理しろ

そう思いませんか。
でももう諦めました。
何度言ってもダメだったし、何を言ってもダメだったし。

夫の服を管理するのは面倒ですが、ムダに消える服飾費を「稼いでいる」と考えればヤル気もでます。

しかし自分や子供の服とは違って「大きい」というだけで、管理が大変なんですよね。
やはり「数を減らす」が管理の手間を省くためには有効だと思います。

子供たちにはこんな、服の管理もできない「ダメ人間」にならないよう、服を選ぶ楽しみを教えたいと思います。

・・・が、どうすればいいんでしょうね。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

収納片づけ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト