◆ ◆ ◆

MERYさんにInstagramの写真を
掲載して頂きました!

サイトはこちら

生前整理は誰のため?安全で前向きな暮らしのために

高齢者の暮らし

こんにちは、渡辺有です。

「整理」と名のつくものが大好きなわたしは、もちろん「生前整理」にも興味があります。
図書館で生前整理の本を借りて読んだりしています。

しかし人によって「生前整理」に対する解釈が結構違うことを知りました。
生前整理って、とてもポジティブなものなんですよ。

母の見解 vs 姉の見解

今年2月に亡くなった母は、亡くなる直前まで片づけに前向きでした。
スッキリ気持ちよく過ごすためには、片づけが必要だと分かっていたのでしょう。

対して姉は、そんな母を見て「身辺整理をするなんて、お母さんこの世をはかなんでいたのかな」と感じたようです。

そうとるか!とわたしには新鮮でしたが、生前整理=死ぬ準備と感じてしまう人も確かにいるようです。

もし自分の両親が生前整理をネガティブに捉えているようであれば、「生前整理」という言葉は出さず、安全に暮らすための片づけをしよう!と前向きになれる言葉がけをしてあげるとよいのではないでしょうか。

生前整理は自分のために

『遺品整理は大変です。自分の子供たちに負の遺産を残さないためにも、生前整理をしましょう。』

よく聞くセリフですし、なるほどね〜じゃあ頑張ろうか、と思える人もいるでしょう。
しかし「死ねばもうモノなんてどうでもよくなるんだから、死ぬ前に整理する意義が分からない」という人も多いでしょう。

わたしは生前整理は、子供たちのためではなく、自分自身のためにこそ行うべきだと思います。

なぜ生前整理をするかというと

  • 安全に老後を過ごすため
  • 自分の持ち物を把握するため
  • 形見として残したいものをハッキリさせるため
  • 使わなくなったものを、誰かに使ってもらうため

つまり、残りの人生をよりよく生きるために行うのです。

老後は広いスペースが必要です

整理収納アドバイザーブログにも書きました▼

22*親の家の片づけは「安全と暮らしやすさ」を大切に - 暮らしを整える100のヒント
高齢になると、部屋を片づけるのが大変になります。モノを動かす体力も、要不要を決める判断力も衰えてくるからです。 ゴミ屋敷とまでは言わなくても、じょじょにモノが増えてくるのが高齢者の暮らしです。 親の家の片づけは、安全と暮らしやすさを最優先に行いましょう。 あなたの実家は片づいていますか 実家のイメージ(あくまでイメージ...

歳をとって介護が必要になると、広いスペースが必要になってきます。

  • ベッドを置くスペース
  • ヘルパーさんの作業スペース
  • 杖や歩行器を使うスペース

これに加えて、ぶつかったりつまずいたりしないよう、通路は広めに確保したいですね。

放っておくとモノはどんどん増える一方ですので、意識して減らしていかないと、安全な老後生活が送れません。

モノを探す時間ほどムダなものはない

高齢者というと、しょっちゅうモノを探しているイメージがありませんか。

祖母はしょっちゅうモノがない・ない、と言って探し回っていました。
高齢になった父も、〇〇がない・△△がない、と探しています。

高齢になると短期記憶が衰えてきます。
みんなそうなるのです。あなたもわたしも。

買い物から帰ってバッグから財布を出し、その辺に置いて、どこに置いたか忘れてしまう。

忘れたっていいじゃないですか。
失くしても見つけやすいように、部屋をスッキリ整えておきましょう。

それが理想論だということは分かっています。
片づけられる人は、そもそもどこに置いたか忘れません。

しかしそこまで進行する前に、自分で片づける習慣をつけておく。
家族もそれを手伝ってあげる。
これも「生前整理」のひとつではないでしょうか。

ちなみに父が失くした〇〇と△△は、わたしが片づけをしたらあっさり見つかりました。

生前<ポジティブ>整理

モノが散らかるときのエントロピーの高さはハンパないですからね。

散らかった部屋のエントロピーを下げるには定位置管理
こんにちは、渡辺有です。 散らかった部屋というのは、エントロピーが高い状態です。 しかしいくら盛大に散らかっていたとしても、スグ元に戻せるとしたら、それはエントロピーが高いとは言わないと思います。 エントロピーを下げるには定位...

生きている限り、モノは散らかります。
つまり散らかるのは生きている証拠。

それでも暮らしやすさのために、ポジティブな生前整理を心がけましょう。

ーーー

整理収納アドバイザー同期で、生前整理アドバイザーでもある鈴木廉子さんのブログです▼

幸せを引き寄せるお片付け。
家が片付かないのは忙しいから・・・、片付けられない性格だから・・・と、諦めていませんか?正しい片付けの仕方を身に付ければ家がすっきりと片付き、リバウンドしません。片付けで心地よい空間、ゆったりとした暮らしで幸せを引き寄せましょう!

思い出箱やベストショットアルバムの作り方なども載っていて、参考になります。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

高齢者の暮らし片づけ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト