◆ ◆ ◆

日用品の定番化・ドラッグストアをレジャー施設にしない

ミニマリストの暮らし

こんにちは、渡辺有です。

みなさんは月に何回くらいドラッグストアに行きますか。
ドラッグストアって、妙にテンション上がりますよね。

これまでわたしはつい、ドラッグストアを「レジャー施設」にしていました。

ドラッグストアをうろうろする楽しみ

ドラッグストアには「選ぶ楽しみ」があります。

ボディソープや入浴剤・ハミガキなどは、香りがいろいろ選べます。
ダイエット食品やプチプラコスメなど、買う予定じゃなくてもついつい選んでしまいます。

ドラッグストアに行くと必要なモノを買う以外にも、とりあえず店内を一周して見て回らないと気がすまない方でした。

買い物方式としては、スーパーを一巡するのに似ていますね。

時間とお金の無駄使い

薄々気づいてはいたのです。
ドラッグストアのうろうろが、時間とお金の無駄使いであることに。

時間の無駄

例えばハミガキをクリアクリーンにするか、Ora2にするか。
こっちの方が安いけど、ハミガキなんて2〜3ヶ月はもつから多少高くてもいいんじゃない?香りはこっちの方がいいかなぁ・・・と、数分迷ったりします。

しかし考えてみてください。
帰宅後や使い始めてから、やっぱりあっちにすればよかったなんて、思いますか?
もっと言えば、お店でカゴに入れた瞬間に、もうどうでもよくなっていませんか。

結局わたしが迷った時間は無駄だったのです。

お金の無駄

ダイエットを他力本願で成就させようとするわたしは、結構ダイエット食品を買っていました。
〇〇スムージーとか、〇〇クッキーとかです。

でも結局それらは食事の置き換えになることはなく、ただの(あまり美味しくなくてお高い)おやつになるのがオチでした。

わたしが買ったのは、これで痩せられるかもしれないという夢です。笑
宝くじに似ていますね。

使いこなせなかったわたしが悪いのですが、結局お金の無駄だったのです。

定番品を決める

時間とお金の無駄に気づいてからは、日用品の定番を決めました。

洗剤はこれ、石鹸はこれ。
探すのに時間がかかることはありますが、見つけたらカゴに入れて終わりなので、買い物もさっさと済ませられます。

どれもオシャレなものではありませんが(アタックとかエマールとか)、使い慣れているので説明書を読んだりの手間もかかりません。

そしてほとんどが詰め替えての使用なので「中身がなくなる→補充する」で、シームレス化しています。

あいかわらずハミガキでは悩んでいますが(笑)、そろそろ歳も歳だし、歯茎によい少しお高めの定番品を決めたいなぁと思っています。

ちなみにトイレットペーパーは、香りなしのダブルが定番。
これはたいていお店に1種類しかないので、探す手間はあっても、選ぶ手間はかかりません。

店内はピンポイントに回る

定番品が決まったら、あとは買い物リストをスマホのリマインダーに入れ、店内をピンポイントに回るだけです。

時間もお金もかからなくなりました。

デメリットとしては、新商品に疎くなったり、安売り品を買い損ねたりです。
ピンポイント買いに慣れてからは、逆にドラッグストアをくまなく見て回るのが面倒になりました。

暮らしのシンプル化

シンプルライフというとスッキリした部屋を思い浮かべますが、行動もシンプルにすることができます。

外出中に疲れて・喉が渇いてカフェに入るのは「必要」なことです。
しかし通りがかりになんとなく、季節限定メニューを試したくて入るのは「無駄」かなぁ。

目的のない行動を減らしていくと、暮らしはどんどんシンプルになっていくと思うのです。

わたしも自分の生活の中で無駄と思われる行動を減らし、必要なことに時間をかける。
そんな暮らしにシフトしていきたいです。