◆ ◆ ◆
◆ ◆ ◆

アイコン変更しました!
自分で描いてみたョ。似てないけど。笑
吹き出しのキャラクターとかも作りたいな

【初心者の煮洗い】酸素系漂白剤でスッキリ!清潔

ミニマリストの暮らし

こんにちは、渡辺有です。

キッチン用の手拭きタオルが、なんとなく黒ずんでいます。
丈夫なタオルなので、生地そのものはなんともないのですが、そろそろ買い替え時期かなぁと考えていました。

でも使えるのにもったいない。

そうだ!そんなときは煮洗いだ。
思いたって早速やってみました。

手元にあるもので煮洗いをする

今スグ!やりたかったので、手元にあるものだけでできる方法を探してみました。

まず煮るためのお鍋ですが、素材はステンレスかホーローです。
みなさん「衛生面を考えて」専用のお鍋を用意しているようです。

しかし考えてみれば煮洗いは通常の洗濯とは異なり、染み付いた汚れを落とすもの。
食器や布巾の漂白と同じで、使用した鍋が汚れるとは思えません。

実際、ふだん使いの鍋で煮洗いをしているという人もいました。

今回はキッチンのタオルということもあり、ふだん使いの片手鍋でやってみました。

洗剤

煮洗いのときに使う洗剤は、人それぞれのようです。
わたしが調べて感じたところによると、効果の高い順に以下の通り。

  1. 酸素系漂白剤+粉石鹸
  2. 酸素系漂白剤
  3. 粉石鹸
  4. 重曹

今回は手元にあった酸素系漂白剤で試しました。

煮洗い方法

いろいろなサイトを見て回り、テキトーにインプットした情報でやってみました。
途中いくつか失敗したので、注意ポイントもご紹介します。

煮洗いしたモノ

今回煮洗いしたのは、こちらの綿100%タオル(30cm×20cm)。
スウェーデンのタオルメーカー「エーケルンド」とスヌーピーのコラボで、本来はディッシュクロスです。

スヌーピーのお腹の右側あたりが薄汚れていて、洗濯しても落ちません。
過去に何度も酸素系漂白剤やオキシクリーンに浸けていますが、ダメでした。

1.煮洗いするモノを鍋に入れる

タオル2枚と、顔拭き用のガーゼハンカチ1枚を煮洗いしてみます。
ドーナツ状に入れると中心部分に対流が起きるので、汚れ落ちがよいと読んだので、実行。

失敗1:煮洗い中タオルを混ぜるので、ドーナツにしてもあまり意味はない

2.水と洗剤を入れる

タオルが浸る程度に水を入れ(1.5Lほどでした)酸素系漂白剤を大さじ1杯投入。

失敗2:この洗剤量は多すぎです!

失敗3:洗剤が後だと溶かしにくいです。最初は水量が分からず難しいですが、慣れたら洗剤液を作ってからタオルを入れたほうがスムーズ。

3.一度沸騰させます

失敗4:洗剤を入れすぎたため、泡立ちすぎて溢れました。

失敗5:お湯の量も多すぎました。鍋の7分目くらいが上限です。

4.一度沸騰したら火を弱め、弱火でグツグツ

ときどき中身を混ぜながら煮ます。
混ぜるのはシリコンの菜箸を使いましたが、トングがあるといいですね。

汚れの落ち具合を見ながら、10分ほど煮ました。

5.タオルを取りだして水ですすぐ

「火を止めて冷めるまで放置」というのも読みましたが、汚れも落ちていたし、鍋のお湯がスゴイ色だったので、取りだして水ですすぎました。

洗面器に水をため、ためすすぎ。

その後、洗濯機でもう一度洗いました。

キレイになりました!

煮洗い直後のタオルです。全体的にスッキリしました。
お腹の横あたりにまだ汚れはありますが、今後煮洗いを繰り返して落ちるといいなぁ。

煮洗い後のお湯はこちら↓

汚れと同時に、タオルの染料も落ちている気がする…。

煮洗いBefore・After

同じタオルを3枚持っています。

左が煮洗い後・右が煮洗い前。
全体的に一皮剥けたカンジです。

スッキリきれい!

煮洗い用のホーローたらいを注文

あまりにも劇的にキレイになったため、黄ばみ・黒ずみの気になるモノを全て、煮洗いしたくなりました。

手持ちのお鍋では小さすぎること、継続的に煮洗いをしていきたいことから、ホーローのたらいを買うことにしました。

こちらのまんまる堂さんで購入↓

たらいが到着したら、次回はホーローでの煮洗いの様子をレポートしますね。
すっごい楽しみです♪