◆ ◆ ◆

大人世代にも休息を。休むことは大切

大人の暮らし

こんにちは、渡辺有です。

女性の生活はライフステージごとに変化していきます。
就職・結婚・出産・子育て、そして子供の自立によって再び夫婦二人暮らしに。
ライフステージが変わるごとに、生活も一変します。

独身であっても、年末は何かと予定が入って毎日忙しいでしょう。

でもスケジュールの詰め込みすぎは禁物。
適度に休むことは、生活の充実にもつながります。

*こちらは「大人の暮らしを整える。」からの移転記事です。加筆修正を行っている場合もあります。

クラウドワーキング始めました

以前にクラウドワークスに登録した記事を書きました。

▼︎クラウドワークスで50代&シニア主婦も在宅ワーク!会員登録編


この時は簡単なタスクのお仕事のみだったのですが、その後ライティングにチャレンジ!
先週は7日間で10記事書いて納品しました。

それ以外にもネット関係のちょっとしたお仕事を請け負い、継続的に作業しています。

仕事自体は楽しくていいのですが(低賃金ですけどね・・・)、時間の使い方に悩み始めました。起きてから寝るまで、ずっと書いている!みたいな状態なのです。

「自宅で仕事」は時間管理が重要

趣味でブログを書きつつ、ライティングの仕事をしつつ、もうひとつパソコンで仕事。
息抜きはTwitterと発言小町とブログ徘徊。

ずーーーっと!パソコンに張り付く毎日です。

1本記事を書き終わったら家事をする、などルールを決めるのですが、ついパソコン前でダラダラ。
なんなら昼食もパソコン前でTwitter見ながら、なんてことになり、重度のネット中毒状態です。

自宅で仕事、しかも趣味と息抜きも似たような作業。
仕事とプライベートと休息をしっかりと区分した、時間管理が必要だと感じました。

休むことは大切!大人も堂々と休もう

家での仕事は、いつでもできます。
朝起きてスグ、昼食を食べながら、煮込み料理の間にちょこちょこ、夕飯後、寝る前。
いつだってできてしまうのです。

でもこれは主婦の仕事にも言えることですね。
家族が食後くつろいでいる間もなんだかんだと家事をして、子供や夫のために何かして、寝る前だって「明日のために」と家事をして。

ちょっと意識して「休む」時間を確保してみませんか?
朝はともかく、昼と夜は1時間休む。
その間は本を読んだりテレビを見たり、積極的にくつろぐ。

職場で昼休みの場合も、ついスマホでのタスク(メールの返信や毎日見ているブログの巡回など)に集中しすぎていませんか?

いきなり休めと言われても居心地悪いのですが、わたしは早速今夜、夕食後にゆっくりしてみたいと思います。

そしてできれば、10時・12時・3時・夕食後は休憩を入れる。
おやつの時間というのは、うまくできていますね!