◆ ◆ ◆
◆ ◆ ◆

アイコン変更しました!
自分で描いてみたョ。似てないけど。笑
吹き出しのキャラクターとかも作りたいな

お気に入りナンバー2が実用的であることを知った

オシャレ

こんにちは、渡辺有です。

わたしは「お気に入りの服が着られない病」です。
基本的に、買ったそのシーズンは眺めて終わり。爆

皆さんは買ってスグ、翌日からヘビロテとかできますか?

明日スグに着られる服?

そんなんじゃ買った意味ない。
洋服なんて着てこその価値。

分かってはいるんですけどね。
買ったその年は「お気に入りの服を買うことができた」これだけで満足なのです。

それでももちろん着ることはあります。
ここぞというお出かけの時に。

しかし悲しいかな、ここぞというお出かけが、ほとんどないのですよ。。。
来週は整理収納関係の講座を聞きにいくので、お気に入りのピンクニットを着ていこうと思います。

翌年からはヘビロテ可能

2〜3年前に買ったブルーのカシミアニット。
今年はヘビロテです。なんなら普段着にもしています。

このニット、実は色で失敗してしまったのですよね。
パーソナルカラーがサマーのわたしには、今イチな色です。

しかしこのように「どこかひとつ気に入らない点」があると、逆に「もういいや!」とガシガシ着られるようになります。

結構なお値段したので肉厚で品質のいいカシミアです。贅沢感があっていいです。

逆にお気に入りすぎると「汚したらどうしよう・・・」とストレスになるので、着ていてもくつろげない。

そんなわたしには「お気に入りナンバー2」あたりが一番しっくりきます。

改善は諦めた!自分を受け入れる

今でこそ開き直っていますが、以前は改善を目指していました。

お気に入りの服こそたくさん着て、ベストな自分を演出。
ステキな服を買っても着ないのは、自己肯定感が低いせい。

そんな話も聞きました。
しかしやっぱり無理なんですよねー。
持っているだけで満足するなら、それはそれで、それはそういう役割のモノなんだと開き直ることにしました。

服以外もナンバー2が落ちつく貧乏性

去年ロクシタンのハンドクリームセットを買いました。
プレゼント企画を立てたのに、2名様しかご応募下さらなかった、例のアレです。

香りのお気に入り順に並べてみました。

左から順に、ナンバー1グループ・ナンバー2グループ・・・となります。

分かり難いですが、ナンバー1よりナンバー2の方が減りが早いです。
ナンバー1はなくなったら悲しいので使用にセーブがかかり、ナンバー2はガンガン使える、そんな感じです。

ちなみにこのハンドクリームは就寝前に使うので、ローズは香りが強すぎるため最下位。いい香りなんですけどね。

ナンバー4のシアふたつは、香りが覚えられなくて使用頻度落ちてます。

二番目の本音を言いたくなるのが人間

だ、そうです。
こちらの本の新聞広告に載っていました。

それはあるかもなーと思いました。

本当に言いたいことって、欲望だったり・グチだったり・悪口だったりします。
それは口には出さず「(〜と思う。でも)〇〇だよね」と言うのが人間なのでしょう。

わたしにとっての「2番目」

わたしは2番目を愛して生きていくのです。

これは決して諦めや自己卑下ではありません。
リラックスして生きるための、わたしなりのコツなのです。

なので全ての人に「汝2番目を愛せよ」というつもりはありません。

ただ「一般的に〇〇である」という教えは、勝手に自分流にアレンジしちゃってもいいじゃーん、ということです。

これを「丸くなった」というのでしょうか、それとも「だらしなくなった」というのでしょうか。

なんにしても考えすぎず、楽しくいこうと思うのでした。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

オシャレ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト