◆ ◆ ◆

子供の夏休みもあとわずか
早く静かな環境で仕事したいです〜

口紅を変えて、リップブラシを復活させました

美容・アンチエイジング

こんにちは、渡辺有です。

先日買った口紅をつけています。

▼︎最近口紅つけてますか?キレイをつくる魔法のスティック

これまでより少し濃いめの色にしたのですが、大正解でした。
しかしこれにより、ひとつ必要になったアイテムがあります。

リップブラシです。

*こちらは「大人の暮らしを整える。」からの移転記事です。加筆修正を行っている場合もあります。

大人世代・顔の変化

たるみやほうれい線が気になりますよね。

皮膚がたるんでくると、よく言えば優しい印象に。
悪くいうとぼんやりした顔に

顔色もくすんできて、これまでの曖昧色の口紅が似合わなくなってきました

 

思えば母が、濃い色の口紅をしていました。
若い頃は「おばさんぽいな〜」と思っていましたが、今なら理由が分かります。

おばさんぽいなんて思ってごめんね、お母さん!

色の濃い口紅・注意点

何に気をつけるって、やはり輪郭でしょう。

薄いピンクやベージュであれば、多少はみ出したって、左右対称じゃなくたって目立ちません。

わたしはいつもスティックから直塗りでした。

しかし色が濃いと、難しいです。
特に上唇は、左右がガタガタだとおかしなことに。

新しい口紅を初めて塗った翌日に、リップブラシを買いに走りましたョ。

輪郭がハッキリしすぎても・・・

わたしはメイクに詳しいわけではないので、あくまで「わたしが思うに」です。

濃い色の口紅を塗る時、輪郭があまりにもハッキリしすぎていると、古臭く感じます。

リップブラシに口紅をとって描くとハッキリしすぎてしまうので、わたしは内側に直塗りした後、リップブラシで輪郭を整えるようにしています。

 

しかもわたし、口が小さいんですよ・・・

濃い色でハッキリ描くと、小さい口がさらに小さく見えてしまいます。

輪郭を際立たせずに、オーバーリップ気味を心がけています。

紅が美しいリップブラシ

今回わたしが買ったのは、口紅と同じく資生堂のリップブラシ。

この赤がとても美しいのです。
紅(くれない)」と呼びたくなる、そんな色です。

 

普段地味色ばかり選んでしまうわたしですが、メイク道具が美しいと、美しくなれそうな気がして気分が上がります。

買ったのはこちら↓

1本持つなら、持ち運びができるキャップ式がよいです。

朝メイクをするときにラインを整えて、あとは大抵そのまま。
そんなズボラなわたしですが、少し大人顔になった気がします。