◆ ◆ ◆

なぜ自宅での筋トレが困難なのか・その2

大人の暮らし

こんにちは、渡辺有です。

前回記事▼︎なぜ自宅での筋トレが困難なのか・その1で、自宅での筋トレはツラさに耐えられない、と書きました。

今回はその2。

その2はズバリ「煩雑な手順に耐えられない」です。
つまり面倒くさい!ということ。

*こちらは「大人の暮らしを整える。」からの移転記事です。加筆修正を行っている場合もあります。

スポンサーリンク

そうだ、筋トレを始めよう

そう思ったとき、どうしますか?

やり方を本で見て、やってみる。
以前はこれが多かったと思います。

現在はyou tubeを見ながら、が多いのでしょうか。
わたしはトレーシーのDVDも持っています。

これらの方法で、すんなりできますか?

DVDは比較的カンタンだと思います。
わたしの場合パソコンで再生しながら、パソコン前でやります。
立ってやるパートはこれでラクラク。

しかし床に座ってやるパート。
座ってしまうとパソコンが見えません!

その上横になってやったり、下を向いたりしたら、何がなんだか分かりません!

面倒だとやらなくなる

筋トレにしても、ダンス系のエクササイズにしても、顔のマッサージでも、工程が複雑だと続きません。

①〜⑤の動きをひとつずつ確認しながら覚えて、それを左右15回ずつ。
各部位ごとに、それが5種類あります。
これを1日3セット繰り返します。

な〜〜〜んて、やってられるかい!!怒

三日坊主というコトバがありますが、これは本人の意思の問題ではなく、やる内容が悪い場合もあるのではないでしょうか。

シンプル×せいぜい3種類

手の込んだフランス料理を月に3回作るより、煮る焼く程度のシンプルな料理を毎日作った方がよいですよね。

筋トレやエクササイズも、思いたったらスグできるシンプルなものを2〜3種類覚えておいて、時間があるときにサッとやるのがよいのではないでしょうか。

ただその場で飛び跳ねるだけでもよいと思うのです。

わたしは座りっぱなしだとふくらはぎが痛くなるので、時々レッグカールをします。
足を肩幅に開いて、左右交互にかかとを太ももにつけるカンジで。

両足を揃えて立ったまま、両方のかかとを同時に上げ下げしても、長時間やると結構鍛えられます。

上半身はトレーシーの「立ったまま腹筋」、二の腕を両腕を後ろに伸ばしてひねる(キラキラひかる〜♪の時の動きを後ろに伸ばしてやる)。

そんな程度の超カンタンなエクササイズをいくつか覚えておくと、気軽に動かすことができます。

本格的にやるならやっぱり外で

そんなわけで、本格的に筋トレやエクササイズをやるなら、やっぱりどこかに通ってやるのがベストと思います。

お金も時間もかかるけど、そのぶん本気でやりますし、最後までやります。
あとはそこにちゃんと通うかどうかですね。

わたしも専業主婦の間は、毎週通いたいと思います。

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️お片づけサービス好評受付中!!
山形|心地よい暮らしのお片づけ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
大人の暮らし ダイエット
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました