◆ ◆ ◆

こんまりメソッド実践編21・キッチン用品のカオスに着手

実践!こんまりメソッド

こんまりメソッドとは:「人生がときめく片づけの魔法」の近藤麻理恵先生が提唱する片づけ方法です

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

今回のこんまりメソッドは、前回に引き続きキッチン用品です。
定番のキッチン用品は終わったので、今回はイレギュラーなモノたち

カオスですよ・・・びっくりしますよ・・・

カオスというとゴミ屋敷的な、モノが溢れかえった状態を想像すると思います。
しかしモノが少なくてもカオスになるということを、わたしは知りました。

結局、ジャンル分けされずにテキトーに放り込まれた状態がカオスなのです。

イレギュラーなキッチン用品収納

カオスカオスうるさいわけですが。
写真の番号と、タイトルの番号が対応しています。

まずは下一列の薄型引き出しと、④はコンロ下の大きな引き出し。
⑤は画像にありませんが、写真の背面にある引き出しです。

今回はビフォーとアフターの収納内容がガラッと違ってしまったので、まずはビフォーのみの紹介です。

①保存容器類

<before>

ミロの絵画を彷彿とさせる、明るくポップな色彩。笑
保存容器と製氷皿(氷コーヒー用)、グラタン皿とキャンドル、というカオスぶり。

②ハンドブレンダーなど

<before>

ハンドブレンダーと砥石と・・・その他いろいろ。
こちらもモノトーンの中に、ポイントのオレンジが効いていますね。

③紙皿・割り箸・使わないカトラリー

<before>

使い捨て容器に、カトラリー直置きというカオス。
余白を重視した構成は、まるで世界地図のよう。

④花瓶とディスプレイ用品と梅酒と醤油

<before>

もはや説明はいるまい。
テキトーに放り込んだだけ

⑤背面の引き出しふたつ

シンクとコンロの背面にある造りつけ収納。
そのうちふたつをキッチン用品に使用しています。

こちらはブログに何度か載せた引き出し。
こちらは今回手をつけず。

<before>

ラップの入った引き出しの、一番下。
笑えるガラガラぶり

お菓子の缶は、次男のおやつ入れ。
おやつは兄弟で同じカゴに入れていたのですが、長男のおやつが溢れて追いやられたかわいそうな次男缶。ちなみにカラ。

兄弟なのに、この差は何。

アフターはこうなりました

①なんとなくジャンルわけしてみました

<after>

②余白がないって、いいですね

<after>

③は空っぽに

④高さのあるものをまとめました
水筒のフタが開いているのは、これから漂白するため

<after>

⑤あいている空間は、後日考えます

<after>

今回処分したモノ

ハンドブレンダーでバナナジュースが作れることに気づいたので(遅い・・)ミキサーを処分。ハンドブレンダーも買い換え予定。

キッチン編・まとめ

キッチンは細かいモノが多い場所です

自分ひとりなら、夫婦ふたりなら、要らないモノが多いのですが、子供がいるとそうはいきません。

そこまでモノは多くないかなぁ〜と思うのですが、やはり収納が下手なのでゴチャついています。もっと収納用品(箱的なモノ)を使った方がよいのでしょうか。

今度ダイソーとセリアに行ったときに、探してみます。

今回は全出しして掃除できたので、これでよしとします。

写真撮るのが大変でした!
おわり。

次回はこちら▶︎こんまりメソッド実践編22・食料品ストックを整理