◆ ◆ ◆

過去執着型と未来心配型、捨てられないのはどっち?

ミニマリストの暮らし

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

実はこの記事、タイトルだけ決めて放置していました。
タイトル書いたのが3ヶ月前。笑

なぜかと言うと、自分の中で「どちらがより捨てられないか」の結論が出なかったからです。

3ヶ月間寝る間も惜しんで考え続けた(ウソだよーん)結果、捨てられないのは「過去執着型」に決定!
なぜだと思いますか?

過去執着 vs 未来心配

むかし着ていたお気に入りの服があるとします。
今着るには、ちょっと小さめです。

過去執着型Aさんの場合

むかしはよかったなぁ〜
若くてスタイルも良かったから、何を着ても似合ったし。
この服を着て、彼と○○行ったっけなぁ。
懐かしい。彼、どうしてるんだろ。。。

未来心配型Bさんの場合

この服お気に入りだったなぁ。
痩せれば、また着られるかもー?
○○円したし、もったいないから、とっとこ。

ーーー

Aさんに、その洋服を捨てさせるのは難しいです

「思い出の服を全部取っておいたら、クローゼットぱんぱんになるよ」
「思い出はモノの中ではなく。心の中に」
そんなコトを言って「説得」するしかありません。
人を変えるのは難しいです。

対してBさん。
手段さえ選ばなければ、Bさんにその服を捨てさせるのは簡単です
Bさんがその服を買った金額、○○円を渡せばいいのです。

実際問題、Bさんにお金を渡すことはできません。

それでもAさんが「思い出・感情」を捨てられないのに対して、Bさんが捨てられないのは「モノ」です。
モノは失敗しても、取り返しがつきます。

AさんBさん、どちらかにその服を捨てさせるとすれば、私はBさんを選びます。

思い出品、捨ててはいけない

以前の記事▶︎断捨離で認知症予防?思い出が脳を活性化 にも書きましたが、思い出品はやたらめったら捨ててはいけません。

ポジティブな思い出が浮かんでくるモノを見ると、脳が刺激されて認知症の予防になるそうです。
私なんてガッツリ捨てちゃって、後悔してますョ。

しかし思い出品だからといって、なんでもかんでも取っておけばいいって訳ではありません。

私だったら・・・(もう思い出品ほとんどないけど)

まず思い出品を一箇所に集めます
ジャンル・大きさ・年代不問。ぜーんぶ集めましょう。

その中から「大切な思い出ベスト10(数字は任意)」を決めます
モノが多い場合は、ジャンル別ベスト3とかでもいいですね。

決まったら、それらを丁寧にお手入れします。
そして「宝箱」を用意。これは大切な思い出品を入れるものなので、時間やお金をかけてもじっくり探しましょう。
その宝箱に大切に保管し、半年に1回はフタを開けて思い出に浸りましょう

私もこれやりたかった!
処分しちゃったので無理ですが。

この箱はきっと、60代・70代・80代になった時、人生を振り返る良いきっかけになると思います。

まとめ

思い出品 全部取っときゃ ただのゴミ

ーーー

思い出品 選んで管理 宝物