◆ ◆ ◆

MERYさんにInstagramの写真を
掲載して頂きました!

サイトはこちら

収納は、出しやすさより仕舞いやすさを優先

収納

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

子供たちが牛乳を飲む時、自分で冷蔵庫から持ってきて飲みます
しかし飲み終わったら、冷蔵庫に戻さずテーブルに置きっ放し

子供に限らず、必要なときに必要なモノを取りだすことは苦ではありません。明確な目的があるので。
しかし仕舞うときは、すでに目的を達成してしまっているため、後回しになるのです。

そういう残骸が現に、この文章を書いているパソコン周りに大集結!笑
まずは周りを片付けてから、続きを書きたいと思います。

収納・成功例

以前も登場したわが家のハサミ。

用途は、紙類なんでも。手紙を開封したり、商品のパッケージを切ったり、などなど。
1日に何度も使うので、置き場所はリビングの中央。
ノーアクションで取れるよう、ハサミのみをビンに立てています。

置き場所が非常に分かりやすいため、子供たちも使った後はよほどのことがない限り、元に戻しています。

収納・失敗例

同じくハサミでいうと、子供用のハサミ。
これは上記成功例のハサミのスグ下、チェストの引き出しに入っています。

↓そもそもチェストの上がぐちゃぐちゃ

↓中もぐちゃぐちゃ

このハサミは子供たちが使った後、放置率高いです。
大人ハサミは戻せるのに、子供ハサミは戻せない・・・

これは仕舞うときにワンアクションプラス=引き出しを開ける→仕舞う、となっているためでしょうか。
たったこれだけ、「引き出しを開ける」が難しいようです。

出しやすい=仕舞いやすい

しかしよく考えると、出しやすい=仕舞いやすい、ですよね。
出すときは面倒だけど、仕舞いやすい、なんてコトは普通ありえないと思います。

そうなると、使うものは全てオープン棚に陳列するしかないのでしょうか?

何が「仕舞う」という行動を抑制しているのでしょうか?

「仕舞う」を抑制するモノ

私は考えました。
ヒマだからね。
そんなコトくらいしか考えるコトないからね。

私の結論。
「仕舞う」を抑制しているのは「情報の煩雑さ」です。

要するに散らかってゴチャゴチャしている状態が「仕舞う」のアクションを難しくしているのです。

ゴチャゴチャ以外にも、物理的に出し入れしにくい場合もあります。
引き出しいっぱいに収納されていて、開けようとしても引っかかってスムーズに開かない、一度出してしまうとどこに戻せば良いのか分かりにくい、など。

その点を踏まえて、子供ハサミ収納を直してみました。

収納アフター

こうなりました。

ただ単に片付けただけとも言いますが。笑
これで少しは子供たちも戻せるようになるでしょうか。

片付け8割収納は、見た目や探しやすさだけではなく「片付けやすさ」にも効果的だと思います。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

収納片づけ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト