◆ ◆ ◆

隠れセットジュエリーの罠にハマっていませんか?

ジュエリー

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

昔はアクセサリーのセット使いや販売、というものがありました。
ネックレスとイヤリングのセットがメジャーだったでしょうか。同じモチーフやテイストのセットです。

若い人はピンとこないと思います。
例えばこういうカンジ↓

(上記商品は「セットジュエリー」のイメージです。こちらはドレスに合わせたブライダル用です。この商品がオシャレではないという意味ではありません。)

ここまで分かりやすいセットものは、あまり見かけませんね。
しかし敢えて言わせてもらいます。
「隠れセットジュエリーの罠にハマっていませんか?」

スポンサーリンク

お揃い、いろいろ

お揃いといってもいろいろあります。
上記写真のようなお揃いは分かりやすいです。しかし隠れお揃い、というものもあります。

ブランドお揃い。
テイストお揃い。

同じブランドで買ったものは、たとえ同じシリーズでなくても統一感が出るのでつけやすいですね。
若い頃はageteが大好きで、ジュエリーはほとんどageteでした。

またはブランドが違っても、テイストが似たようなもの
ageteとsweet peaとか。マリーエレーヌとジェムパレスとか。

これらのお揃いは、決して「ハズレ」ないです。これらのお揃いをつけていて「ダサい人」とは言われないでしょう。

しかし、しかしですよ。
今の空気感・オシャレ感からすると、ちょっと優等生すぎて面白みに欠けます

言うなれば、ニットアンサンブルを真面目に着ている人的な。

対立するジュエリーを

ハイ&ロー

繊細&プリミティブ

フェミニン&マニッシュ

ジュエリーのテイストをミックスするとこなれ感が出ます。
しかし落差がありすぎるのはNG。
そして、統一感のないただのごちゃ混ぜとは、一線を画する必要があります。

どうすればいいか?
いやぁ〜、その辺は「センスで」と言いたいところですが、敢えて言うなら以下の通り。

  • 主役を決める
  • 主役も脇役を「名脇役」にするモノを
  • 自分で選ぶ

例えば、こんな↓大粒ダイヤのリングを付けるとき。

いくらハイ&ローとは言っても、こんな↓チープなブレスレットだと落差がありすぎておかしいです。

ダイヤリングが主役であれば、お揃いテイストのブレスレットは、同じくダイヤモンドのテニスブレスなどでしょうか。

しかしそこを敢えて、革ベルトのブレスにすればハズせます。
値段やフォーマル度に強弱をつけるのです。

ーーー

しかし逆にこの↑チープなブレスレットを主役にする場合。

これに1000円くらいの安っぽいリングを合わせると、ただの幼稚な人。
チープブレスを3本くらいじゃらっとつけて、繊細なダイヤのエタニティーあたりを持ってきます。

エタニティーの本物の輝きが、チープなブレスを「敢えてつけてる主役」に押し上げます。

ーーー

そして大切なのは「自分で選ぶ」こと。

ゴージャスでもチープでも、「自分」と言うフィルターを通して選んだものであれば、統一感が出ます。
高いモノも、安いモノも、真剣に選びましょう。

そして私はこうする

私が最近愛してやまないlily&co.のジュエリー。

お揃いテイストの3点セットで付けることは可能ですが、それはやりません。
お互いが馴染みすぎてしまって、平凡になってしまうから。

冒頭の写真のように、大ぶりなネックレスを合わせることで、リングやブレスの繊細さが際立ちます。しかしこの場合、主役は大ぶりネックレス。

ジュエリーにしても、服にしても、組み合わせを考えるのは楽しいです。
そしてそうした積み重ねが、オシャレを作るのです。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジュエリー オシャレ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました