◆ ◆ ◆

定番服も「来年のために」買いはキケン

オシャレ

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

去年、自分的に大ヒットだったTシャツがあります。
アウトレットで「使えそう」という理由で買った、白Tシャツ。
厚地の綿で首元が詰まったクルーネック、胸ポケット、そしてビッグシルエット。

1枚で着ても透けないし、大きめシルエットが今っぽかったのです。

そして夏も終わりという頃、無印良品で似た形のTシャツがセールになっていました。
安かったし送料対策もあって、来年用に購入しました。白Tってスグ使用感出ますしね。

皆さんお分かりのように、ダメな買い物例です。

地曳いく子さんも「服を買うなら、捨てなさい」でおっしゃってます。
買っていいのは「今着るものだけ」と。
最低でも、1週間以内に必ず着る服を買う、が正解です。

若い頃は極端な流行り物をのぞいて、気に入った服は何年たってもお気に入りでした。
しかし40も過ぎると、去年のお気に入りが、今年になるとイマイチということが増えるのです。

あの白Tも去年はあんなにお気に入りだったのに、今年着るとただの「体育着」
これを解消するには・・・中井美香さんの記事が参考になります。

▶︎【骨格ウェーブ】白Tシャツが体育着に見える時

工夫して、似合うようであれば今年も着ようと思います。
それでもイマイチだったら、部屋着にしたいです。
白無地だけど地厚なのでパジャマでもいけそう。

スポンサーリンク

所有する服は少なめに

何かひとつのアイテムが必要になった時、なぜか私は不安になってふたつ買ってしまいます

最近、真夏用のブラウスが黄ばんできたので、もう1枚買うことにしました。
いざその1枚を選ぼうとすると、もし何かあった時のためにもう1枚必要なのではないかと考えてしまうのです。

もし何かあった時とはどんな時なのか?

  • 選んだブラウスが似合わなかった時
  • コーディネイトが難しかった時
  • 汚してしまった時
  • お出かけが2日連続だった時
  • もっと頻繁にブラウスというアイテムを着たかった時

なんだかよく分からない漠然とした不安を感じるのです。

でもそこはグッとこらえて、1枚買うのが正解
今回はちゃんと1枚にしました。

そしてそのシーズンにたくさん着て、思い残すことがないようにします。
そうすれば来年は来年で、お気に入りを購入できます。

夏物は汗や日光で、服も劣化が早いです。
夏服をたくさん持つと、翌年に中途半端にくたびれたイマイチ服がいっぱいになります。
夏服は少なめに。

もちろん「来年用に」とセールで買うのも厳禁。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オシャレ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました