◆ ◆ ◆

無印良品の歯ブラシ・極細毛こんな人にオススメ!

日用品

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

これまで歯ブラシは、歯医者さんでまとめ買いしていました。
歯医者さんオススメの硬めの歯ブラシで、1本100円。
安いし見た目もシンプルなので、ずっとコレ。
子供たちも同じく、歯医者さん購入の硬め子供用でした。

しかし今回、無印良品極細毛に交換。その使い心地です。

柔らか極細毛

無印良品の歯ブラシ、極細毛。
無印良品週間で4本セット×2を購入しました。つまり8本。

この歯ブラシの特徴としては、まずは絶妙なオシャレカラー
ドラッグストアの歯ブラシには出せない色ですね。

そしてもちろん、柔らかな極細毛
とっても細くて、とっても柔らか。
これは好き嫌い、分かれると思います。

↑毛先はこんな感じ

家族の感想

これを家族4人、一斉に交換して使い始めました。
全員、硬め愛用者。その感想です。


「新しい歯ブラシ?え?普通。」
もしかして柔らかくなったのに気づいてないの?

「言われてみれば柔らかいね。○○(次男)は無理だな。」
仕上げ磨き担当者らしい感想でした。

長男(小3)
「あれ柔らかすぎる。ちゃんと磨けない。」
硬めに慣れてるので、使い方が変わってついていけない様子。

次男(小1)
「使いにくい。やらかすぎる。」
やらかい、じゃなくてや わ ら か い、ね。


硬めとは力の入れ具合が違うので、慣れるまで違和感。慣れると歯と歯の間にブラシが通る感覚が良い
歯と歯茎の間を磨く時も、歯茎が痛くならないのでしっかり磨けそう

ーーー

こうして考えると、わが家の男たち、ボキャブラリー貧弱すぎ!

歯ブラシの硬さ

結局歯ブラシって硬めと柔らかめ、どっちがいいの?
調べると一長一短あるようです。

結論を簡単にいうと、硬めは歯垢除去に向いており、歯茎のためには柔らかめが良い。その中間の「ふつう」がオールマイティーでいいんじゃない?です。

ちなみに子供たちの通う小学校の歯科検診では、柔らかめ推奨です。

歯磨き素人の子供には、歯茎を傷つけないように柔らかめ。
普通の大人は「ふつう」。
歯磨き上級者の大人は硬め。

これが私の結論です。

無印極細毛はリピなるか

無印良品の極細毛は、柄は長いもののヘッドが小さいので、小学生以上の子供にはオススメです。
(小さなお子さんには、安全のため子供用・赤ちゃん用が良いと思います。)

これから柔らかめに慣れてちゃんと磨けるようであれば、無印良品の極細毛を子供の定番にしてもいいかなと思います。

夫はこだわりがないので、なんでも良さそう。

ただリピするかどうかには、ひとつ問題が。
それは「高い」ということ。

1本240円くらいです。(4本セットで990円)
歯医者歯ブラシの1本100円に比べると、超高級品です。
リピは・・・ないかな。

無印良品の歯ブラシ・極細毛のご紹介でした。

追記:子供たちリクエストでリピ

この極細毛から、歯医者さんの固め歯ブラシに交換したところ「前のヤツがいい!」とのリクエストが。

というわけで、この無印良品の極細毛はリピートすることにしました。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

日用品無印良品
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト