◆ ◆ ◆

洗濯物空中畳之術!!で時短提案

片づけ

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

洗濯」は家事の中でも好き嫌いが分かれる家事です。
好き派は「洗濯機がやってくれるから楽」
嫌い派は「畳んで収納するのが面倒」

片付けが苦手という人の部屋を見ると、取り込んだ洗濯物が畳まれずにになっていたりします。
つまり洗濯が面倒=畳むのが面倒の図式です。

そこを楽々クリアする方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

山になった洗濯物はシワシワ

洗濯物を取り込んで山にすると、もれなくシワシワになります。
タオルや下着など、別にシワになってもいいやというアイテムでも、シワがあるとたたみにくいです。広げて、シワを伸ばして、たたむからです。

たたんでいてもなんか、テンション下がるんですよね。
第一、取り込む→山にする→そこから引っ張り出してたたむ、となるとアクション多くなり、時間がかかると思うのです。

「取り込む→たたむ」
これで一気に終わらせてしまいませんか。

「取り込み」と「たたみ」をセットに

私は洗濯物を取り込む時に、即たたんでしまいます
空中でたたんだり、モノによってはお腹を使ったりします。

え〜体に付けてたたむの〜?と思われるかもしれませんが、床に座ってたたむ時は床に置いてたたみますよね?
わが家は床に座る習慣がないため、床で洗濯をたたむとしたら、まず床掃除からです。。。

でもほとんどのモノは空中たたみでいけます。慣れです。タオルだってぴっちりたためますよ。

具体的方法

タオルであれば、洗濯干しから取る→そのまま(立ったまま)たたむ→テーブルに置く、です。
靴下や下着、パジャマや子供の服などはこの方式です。

たたみながらジャンル別、人別に重ねていきます。
例えば・・・

  • 引き出しにしまうタオル・・・しまいやすい形にたたんで、しまう順番に重ねる
  • 子供の服・・・ボトムス>シャツ>Tシャツ>靴下の順にたたんで重ね、翌日その一式を着る
  • 自分のもの・・・たたんで重ねて、部屋に行くとき持って行く
  • その他小物・・・しまう場所ごとにグループ化し、各収納場所に配って歩く

それらを置くテーブルか台があると、作業がはかどります。
ちなみにこちらがわが家の洗濯干しスペース。

▶︎新築アイデア集06・洗濯干し場を確保する

ここのテーブル上にたたんだ洗濯物を積み上げ、部屋移動する際に持って行きます。

例外は大人服

空中でたたまないモノもあります。
大人の洋服です。

ハンガー収納のモノは、もちろんたたまずクローゼットへ。
それ以外のたたむ服、Tシャツやニットなどは、シワにならないようテーブルの上で丁寧にたたみます

手のひらで生地を伸ばしながら丁寧にたたむと、服もピンとしてアイロンをかけたようにキレイになります。

洗濯は楽しい!

洗濯物をたたんで収納にしまう。
洗濯は、毎日ちょっとしたスッキリが味わえる良い家事だと思います。

ご飯を作る→出来上がる→食べる→美味しい!
部屋を片付ける→スッキリする→掃除をする→キレイになる!

どんな家事でも、効果が目に見えると楽しいものです。

しかし気持ち的にも時間的にも余裕がなくなると、ただの面倒くさい仕事になってしまいます。
実際私もそんなことが多いです。

ただのルーティンにもちょっとした楽しみ、喜び、達成感を感じる余裕を持って、家仕事をこなしていきたいです。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
片づけ
スポンサーリンク
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました