◆ ◆ ◆

「あの人ってオシャレ」実は上から目線?

オシャレ

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

知り合いと話している時、何気なく使っている「あの人ってオシャレだよねー」。
その判断基準は、あくまで自分。
つまり自分基準で相手を判断しているわけで。

「あの人ってオシャレ」
これって実は結構上から目線ではないのか、と最近思うのです。

スポンサーリンク

オシャレな人ってどんな人?

「あの人オシャレだよね」と評するのはどんな時でしょう。
いくつかパターンがあると思います。

自分の好きなテイストのファッション

これが一番「あの人オシャレだよね」という場合ではないでしょうか。
基準はあくまで「自分がオシャレと感じるかどうか」でジャッジしているので、上から目線に感じるのです。

オシャレが好きな人

自分自身の好きなテイストではないけれど、流行を取り入れている人。
オシャレを頑張っている(ように見える)人。
髪やネイルに手をかけている人、服や小物単品がオシャレな人。

突拍子もないファッション

独特のファッション感覚を持った人を褒めなくてはならないシチュエーションの時。
滅多にありませんしが、ずっと年上の人とのお付き合い時、なきにしもあらずな状況です。

私が考えたところ、この3パターンかな。

これらが全て「上から」

ここまで読んでどう思われましたか?
渡辺有ってずいぶん自分に自信があるんだな〜とか、思いませんか?

つまりある人を、理由はどうあれ「オシャレかどうか」評価する時点で「上から目線」であるということです。

しかし「あの人は優しい」や「あの人は美人」には、上から目線を感じません。
これらは絶対的な基準があるからでしょうか。

「オシャレ」には特に基準がなく、好みによって評価がまちまち、かなり曖昧なものであることが原因だと感じます。

そうは思いつつもついつい使っちゃうんです。
「あの人ってオシャレ〜。」

そして自分が言われる立場の数少ない機会では、やっぱり嬉しいです。
しかしそれとともに、オシャレに気合を入れすぎていないか自分を省みる機会にしています。

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️お片づけサービス好評受付中!!
山形|心地よい暮らしのお片づけ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オシャレ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました