◆ ◆ ◆

ベルトはベーシックな “Whitehouse Cox” 黒メッシュがオススメ

ファッション

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

女性のファッションは目まぐるしく流行が変わります。
ベルトも同じ。
サッシュベルトが流行り(田舎では一度も見てませんw)、ボトムスと共布のリボンベルト(ベルトというより服の一部だが)が流行り(田舎では・・以下略)。

そんな流行はさておき、今回は私の愛用品Whitehouse Coxメッシュベルトをご紹介します。

スポンサーリンク

Whitehouse Coxとの出会い

このベルトとは、インテリアブログ「ひよりごと」で出会いました。
ひよりさんのセレクトは本当にステキで、見ているだけで幸せになります。

インテリアだけでなく、HYKEをメインに揃えたワードローブも、それはそれはステキなのです。
色・形を厳選したワードローブには、ミニマリズムを感じます。

ある時ブログでベルトを紹介していて、それが私の探し求めていたメッシュベルトでした。

ひよりさんの選んだアイテムなら、きっといいモノに違いない
そんな確信のもとに楽天でポチ。
(商品選びの手抜きとも言う)

それがこちらです↓

それから2年半、ベルトはこれ1本。
(もう1本ありましたが、全く使わないので処分しました)

お高いだけあって、2年以上使ってもほとんど劣化がありません。
安いメッシュベルトだと、いつも使っている穴部分が伸びたり緩んだりしてきます。

Whitehouse Coxは肉厚な革を使用していて、変形も緩みも一切ありません
(硬さが和らいでしなやかにはなりました。)

1本持つならメッシュベルトを

冒頭の話に戻りますが、女性のファッションは目まぐるしく流行が変わります。
ボトムスのベルト位置、現在の流行はハイウエストですよね。
でも少し前まではへそ下だったんですよ。

そして流行とともに、中年のウエストサイズも目まぐるしく変わります。。。
サイズが一定しないのです。

そんな悩める(中年)乙女にメッシュベルトは最適!

ローウエストでもハイウエストでも可能な対応力
成長期のお腹も、食べ過ぎのお腹も、たまに痩せちゃってサイズダウンしたお腹も、優しく包み込んでくれる包容力

通常の穴あきベルトだとこうはいきません。

1本定番として持つなら、メッシュベルトをオススメします。
(長さは長めでね。)

ベルトの色とバックル

ベルトは黒がオススメです。
どんな色の服にも対応可能です。

靴やバッグが茶色ならベルトも茶色?と悩むでしょうけど、やっぱり黒でしょう。

茶色は「色」です。
トーンがあるので、他の色と合う合わないがでてきます。

その点黒は「無彩色」
何色にでも合います。
オシャレかどうかは別にして。

バックルの色は、手持ちのジュエリーと合わせるといいです。
私はシルバーやプラチナが多いので、迷わずシルバー色です。
パーソナルカラーで決めるのもいいですね。

これを機会に「自分の定番金属色」を決めておくと便利です。
ファッション内の金属部分(ジュエリーやバッグの金具、ファスナーなど)を統一すると、ファッションがまとまります。

オシャレと「納得」

最近は年齢的にも、住んでいる地域的にも、生活環境的にも、流行は追わなくなりました。
自分の服や小物に納得してファッションを楽しんでいます。

流行だからとか、あの人が使っているからとか、○○になりたいから、と言って、自分が納得していないのにモノを選んだり着たりすると結局チグハグになってしまいます。

自分が納得して選んだモノが、自分の定番となって長く愛用できると、それが自分の「スタイル」になると感じます。

オシャレも自分とともに成長していきます。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファッション
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました