◆ ◆ ◆

思い出品の断捨離・捨て方を工夫してみる

断捨離

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

次男もこの春、小学生になりました。
幼稚園の頃は毎日白ご飯を持たせ、週に1回はお弁当。

しかしこれからは毎日お箸を持たせるだけ。
楽チン!
万歳!!

そして夢にまで見た、幼稚園グッズを処分する日がやってきたのです。
わーわーパチパチ(*゚▽゚ノノ゙☆彡

しかし、しかしまさかの・・・捨てられない!

本人は了承済み

まずは次男本人に、処分してもよいかお伺い。

わたし「幼稚園の帽子とか色々、処分してもいい?」
次男「あ〜あれね。サイズ小さいからもういいや」

そういう問題ではないのですが、了承いただいたということで。

本人はアッサリしたものです。
幼稚園生活を懐かしむというより、これからの小学校生活に思いを馳せているようです。
というか、毎日のゲームに心を奪われているようです。

幼稚園グッズを手に、立ち尽くす

これで捨て放題!

幼稚園グッズは制服・帽子をはじめ、お弁当小物や道具類などほんとーーにたくさん。
それらを全部捨てられるなんて、夢のようです。

早速制服を手にとってゴミ袋に・・・入れようと思ったのですが、まさかのフリーズ。
可哀想で捨てられません

どれもこれも(可愛かった)次男の思い出でいっぱいです。
幼稚園生活をエンジョイしていた次男の(可愛い)姿が目に浮かびます。

まさか、断捨離大好き、捨てるの大好きなわたしが、捨てられないなんてっ。

捨て方を考える

捨てられないからといって、丸ごととっておくわたしではありません。
心が痛まない捨て方を考えます。

今回はもう使わない幼稚園グッズですが、その他の思い出品も基本的に同じです。

見えないように捨てる

大切だったモノを捨てるには、これ。
紙袋など外から見えない袋に入れてから、ゴミ袋に入れます。

その際、今までありがとうとお礼を言ったり、塩を振ったりの方法もあるようですが、わたしはそこまではしません。
丁寧に紙袋に入れて、ゴミ袋にイン。

小分けに捨てる

捨てるか、とっておくか。
決められない人はその「全てを」捨てるか・とっておくかで考える人が多いです。

一部だけ捨てたっていいんです。
少しずつ捨てたっていいんです。

最終的に全部捨てるかもしれません。
最後に思い出のモノがひとつ、残るかもしれません。

ここまで捨ててスッキリした、という状態まで捨てればOKです。

捨てる時間を作らない

週末にじっくり考えて捨てよう。
時間があるとき選ぼう。

そんな風に考えているうちは捨てられません。

洗濯物を干している時にふと目についた幼稚園リュック。
もういいかな、と思えばその場で紙袋へ。

子供部屋に入った時に目にした園帽。
リビングに戻る時ついでに持っていって、処分。

そんな感じに、思いついた時にちょこちょこ片づけていきましょう。

じっくり眺める

それでも悩むものは、一度広げてじっくり眺めます。

思い出の中ではキラキラと美しかったそれも、よーく見たらシミだらけだった。
そんなことも多いです。

黄ばみ色褪せ縮み。
絶対再利用できないモノ。
とっておいても使わないモノ。

捨てる踏ん切りがつくかもしれません。

ここまでしても捨てられないモノは、「とっておくモノ」認定をして、しっかり保存しましょう。

時間が解決してくれることも

今はまだ卒園したばかりで思い出も鮮明ですが、時が経てば新しい生活がフォーカスされ、幼稚園グッズへの未練も薄れると思います。
それまで待つのもひとつの方法。

焦らずじっくり確実に、処分していきたいと思います。

全部なくなったら、スッキリするだろうな〜。
空いたスペースは、次男の小学校グッズを収納する場所にしよう。

前向きな気持ちを持つことも大切。

この記事を書いていたら、大丈夫、捨てられる、という気持ちになってきました。
ブログ素晴らしい!

今から早速、子供部屋を見てきます。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

断捨離子供のコト
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました