◆ ◆ ◆

こんまりメソッド実践編18・薬類は鳩サブレーに

実践!こんまりメソッド

こんまりメソッドとは:「人生がときめく片づけの魔法」の近藤麻理恵先生が提唱する片づけ方法です

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

今回のこんまりメソッドは「薬類」。

皆さん一度は鳩サブレーの缶を見たことがあると思います。
黄色の缶に鳩の絵。
可愛いです。

空き缶をこよなく愛する私ですが、この缶がMy best of AKIKAN!
鳩サブレーの巨大缶に、薬類を入れています。

鳩サブレーの薬缶・ビフォー

収納場所はこちら↓
リビングチェストの真ん中です。

わが家の薬類はほぼ全てここに収納しています。
例外は、子供が頻繁に使うムヒ・あせもクリーム、そして次男のぢの薬。
これらは子供の引き出しです。

そして薬缶の中・ビフォー↓

全出しして見ました。

取捨選択

私は市販薬を飲まないので、市販の風邪薬と鎮痛剤は夫のものです。

絆創膏や包帯は子供用。

子供たちは絆創膏を貼ると怪我が治ると思っているようで、絆創膏反対派のわたしとはしょっちゅう衝突。

子供たちが小さい頃はよくとびひになっていたので、ガーゼや包帯類も必須でしたが、そろそろ不要かな?

処方薬は鎮痛解熱剤を保管しています。
時々見直して、定期的に処分。

薬缶・アフター

残したもの(左)処分したもの(右)↓

溜まりすぎた解熱剤と、期限切れの薬を処分

夏まで使わないあせもの薬を薬缶に戻し、頻繁に使う体温計を子供の引き出しに移動。
子供のマスクもこちらにまとめました。
大人用も入れたかったのですが、大きすぎて断念。
薬缶の横に。

今回も片付け程度で、大幅な変更はありませんでしたが、スッキリしました。

子供用引き出しの使い勝手が今ひとつなので、そちらも手直ししたいと思います。

次回はこちら▶︎こんまりメソッド実践編19・消耗品のストック

 

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

実践!こんまりメソッド
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト