◆ ◆ ◆

こんまりメソッド実践編17・こちらも難関の文房具

実践!こんまりメソッド

こんまりメソッドとは:「人生がときめく片づけの魔法」の近藤麻理恵先生が提唱する片づけ方法です

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

女性は皆、文房具が大好きです。
・・・とは言いませんが、文房具好きの女性は多いのではないでしょうか。

かくいうわたしも、小学生でサンリオデビューを果たして以来、キャラクターものの文房具が大好きでした。
その後様々なキャラクターを渡り歩き、大人になるとスタイリッシュなデザイン文具で固めるように。

しかし年とともに「可愛いもの」に向ける情熱も冷め、現在文房具に求める条件は「書きやすくてシンプルなデザイン」。
できれば、いつでもどこでも入手可能なモノが良いです。

そんなわたしなので文房具に対する執着はありませんが、いかんせん数が多いのが文房具。
子供が使うモノは今回除外していますが、子供のために使うモノはあります(お名前ペンとか)。

片付けは難航しそうな予感です。

スポンサーリンク

わが家の文房具は3箇所に分散

ひとつのアイテムは一箇所に収納したいと思うのですが、文房具は使い勝手を考えて3箇所に分散収納しています。
夫と子供のモノは含みません。

メイン文房具

リビングチェストの棚に、無印良品の引き出しを入れて収納しています。

リビングチェストの↓

ここ↓

普段あまり使わないカッターの替え刃・ホッチキスの替え芯なども含め、文房具と名のつくモノはここを探せばよい事になっています。

私のちょこっと使い用

同じくリビングチェストの私物用引き出しに、赤黒の水性ボールペンやシャチハタを入れています。

ごちゃついていますが、今回はスルーで。

用途は・・・

  • 子供たちの連絡ノート記入
  • カレンダーに予定を記入
  • 家計簿つけ

これらは頻繁に記入するので、スグに手に取れる場所に置いています。

携帯用(ペンケース)

以前は毎日持ち歩いていましたが、現在は必要な時だけ。

しかし家で使っているモノを、その都度ペンケースに入れるのは手間なため、あらかじめ専用のモノを入れてあります。

今月中旬から生活が変わり、文房具も必要になるため、ペンケースの中身は入れ替え予定。

文房具・全出し

引き出しとペンケースは過不足なく用途も決まっているので変更なしです。
チェスト棚の文房具を一箇所に全部出してみました。

使い勝手を考えて一緒に入れてある文具以外のモノ(切手や工具など)は除外してあります。
(ドライバーが一本写っていますが。)

処分したモノ

今回処分したのはこれだけです↓

鉛筆削りはクーピー用ですが、これだと削り屑が散るので使用していませんでした。
これを機に処分。

残したモノ

ほとんと全て↓

青丸部分はストックです。
持っていても絶対使わないと思うボールペンなどは、入手時に即処分

文具収納

上段・中段↓

爪切りやドライバーなども入っています。

下段↓

右の空間は他の雑貨を入れます。
丸い缶はクリップ。
左下の箱は切手入れです。

相変わらずモノの減らないこんまりメソッドですが、久しぶりに文房具を全出しチェックできたので良かったです。

ここよりも子供用の文房具がトンデモナイことになっているので、そちらの方がやりがいがありそう。
春休みには、そちらを子供たちとやりたいです。

次回はこちら▶︎こんまりメソッド実践編18・薬類は鳩サブレーに

 

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
実践!こんまりメソッド
スポンサーリンク
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました