◆ ◆ ◆

年賀状を整理するなら今!?冷静な判断ができる・・・かも

ミニマリストの暮らし

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

今年は年賀状、切手シートが2枚も当たりました!
絶対数が少ないですからね、快挙です。

ところで皆さん、当たった切手シートどうしてますか?
記念に取っておきますか?
(何の記念?)

私はもらったらスグ、切手部分をピリピリ切り離して、切手入れの箱に入れます。
手紙やハガキに、フツーに使います

年賀状の保管方法、いろいろ

年賀状の保管方法はいろいろあります。

年度別に輪ゴムで止めたり、ファイリングしたり、ハガキ入れのケースに入れたり。
側面を揃えて両面テープを貼り、カバーをつけて簡易冊子を作るなんてのもありますね。

わが家は1年分のみを、ハガキサイズのファイルに入れています
結構マメで普通。

入れる順番は、夫の親戚・自分の親戚・自分の友人(到着順)、そしてファイルの後ろから夫宛のモノです。
ファイルを後ろから見れば、夫は自分の管理しているモノが分かる仕組みです。
(親戚関係はどちらも私管理。)

ミニマリストともなると、お年玉の当落をチェックしたら即捨て、と言う人も多いと思います。
しかしわたしは前年の年賀状を見ながら書く派なので、翌年の年賀状が届くまで処分はしません。

年賀状ファイリングのよい点は、年末に年賀状の購入枚数を決める際、実際に書く時、パラパラめくるだけなので時短になることです。

年賀状の絶対数を減らそう計画

私はここ数年で、義理や惰性でやりとりしている年賀状を減らしました

人間をモノと同じに扱うことはおかしいですが、惰性で続けている人間関係は、不要なモノと同じです。
お互いのためになりません。

もし「年賀状のやり取りだけの関係」であって、今後連絡しあったりする可能性がなければ、関係を絶つことも考えてはいかがでしょう。
案外、相手側もそう思っているけれど、年賀状を止める不義理はしたくないと思っているだけかもしれません。

思い出の品がなかなか捨てられないのと同じく、付き合い年数の長い相手は(その関係性に関わらず)大切にしがちです。

小学校の頃の友達、今はもう辞めた会社の同期、初めてのママ友グループメンバー、etc.

年賀状に書くメッセージに困るような相手であれば、整理整頓しちゃいましょう。
あくまでも「お互いのため」です。

なぜ今やるの!?

本当はお年玉の抽選が終わったらスグがベストですね。
なぜ今かというと、記事を書くのを忘れていただけです。笑

年賀状を出すか出さないか迷うのは、年賀ハガキを購入する時だと思います。
私は「年賀状出す人リスト」を作って、枚数を決定します。

しかし年末の慌ただしい時期、明日外出時に買っちゃいたい。
誰に出して、誰に出さないか、考えている時間はない。
迷ったら出しちゃえ!
その方がカンタン。
そして毎年そのループが続いていくわけです。

お年玉の抽選が終わりちょっとゆっくりしつつも、年賀状をもらった時の気持ちが冷めないうちに、早くも(?)来年の年賀状リストを作ってしまいませんか。

整理する人・判断基準

私が減らした際の判断基準です。
各個人で納得のいく「自分ルール」を決めましょう

年賀状が届くのがとにかく遅い

仕事が忙しくて、年賀状を書くのはお正月と決めている人もいるでしょう。
しかし明らかに、こちらから出した年賀状を受け取ってから慌てて返事を書いた人もいます。

到着日が遅かったというだけで「整理」はしませんが、内容如何です。
昔からのんびり屋で遅刻魔で、でも憎めない大好きなA子ちゃん、とかなら許します。

明らかに返事が「やっつけ仕事」の場合は整理。

そのために私は、友人からの年賀状には受け取った日付を書き込んでいます。
判断基準にするために。

ただし親戚の場合はどんなに遅くても、もしくは来なくても出すものなので、書きません。

手書きメッセージが毎年同じ

そんな人いませんか?
毎年毎年「お元気ですか?」のみ。

以前の会社の同期で大好きな人でしたが、関係性はもう終わったのだと理解して「整理」しました。

子供のコトしか書かない

手書きでも印刷でも、子供がどーしたこーしたしか書かない人。
わたし、あなたの子に会ったコトないよ・・・
せめてあなた自身の近状を書いて下さいよ。

「今年は○○も小学生です。そちらも確かそうですよね。ランドセルは買いましたか」
・・・という風に、こちらにも絡めてくれれば「気持ちの行き来」が感じられます。

仲良くないけど、優しすぎる人

人付き合いの悪いわたしに、何かと構ってくれた同期のBさん・Cさん。
寿退社した後も、毎年必ず年賀状をくれました。

しかし共通の話題はないんですよね。
年賀状をもらってもチラリと見て終わり。

優しい人たちの気持ちを袖にするのは気が引けるし、申し訳ないです。
相手を解放してあげるのも優しさなのです。

男は黙って一括整理!も、あり

女でもね。笑

もう年賀状そのものを辞めたいという場合は、年賀状にその旨書いてそれを最後にするという方法もあります。

これまでのやり取りに感謝し、年賀状を負担に感じていること、あなただけではなく全ての年賀状をやめるということを説明します。

それによって友情が終わるわけではない、何かあった時は連絡を取り合いましょう、と記せば大丈夫です。

歳を重ねて、年賀状のやり取りが負担になった時は、私も考えたいと思います。

年賀状・昔とこれから

子供の頃、年賀状を書くことは一大イベントでした。

木版画やゴム版画をしたり、マーブリングに芋版画なんて時もありました。
出すのも貰うのも楽しかった!

それがだんだんと「義務」になり、年賀状は「面倒くさい」ものへ

しかし再び、年賀状の楽しみを取り戻したいと思っています。
年賀状のやり取りを楽しむ。
しつこいですけど「お互いに」。
そのための整理です。

こんまり流に「ときめく人に年賀状を出す」というのもいいですね。

冷静に判断ができるこの時期だからこそ、年賀状について考えてみませんか。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

ミニマリストの暮らし
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました