◆ ◆ ◆

「50からの老いない部屋づくり」ヘヤカツで最初にやるコト

ブックレビュー

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

図書館で借りた本「50からの老いない部屋づくり [ 部屋を考える会 ]」がとてもよかったので、ご紹介したいと思います。

著者は、岩崎 夏海氏

岩崎夏海、と聞いてスグ分かりますか?
私はスイマセン・・・分かりませんでしたが「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の著者です。

ドラッガーと部屋づくり???
今ひとつ接点が感じられないのですが、スルーでいいでしょう。

いいですよね?そこは問題ではないですよね?

50代は「ヘヤカツ」!!

この本で提唱されているのは「ヘヤカツ(部屋活)」です。
ヘヤカツとは「部屋を活性化させる方法」

このメソッドでは

  • 部屋に流れを作り
  • 活力を呼び込む

ことを目的としています。

よくある「不用品を捨ててスッキリ」「動線に沿って収納しましょう」というお片付けとは一線を画します。

そしてもうひとつ。
従来の片付け本が「居心地のよい部屋を作る」であるとすれば、ヘヤカツは「活力を得て、外に出たくなる部屋作り」
面白いです。

具体的流れ

目次を元に、ヘヤカツの流れを追ってみます。

  • 部屋に掃除の道を通す
  • 使っていないモノを処分
  • 快適さを保つ
  • 部屋に役割を持たせる
  • 上質なモノを選ぶ
  • 人の出入りのある部屋を作る

ーーー

詳細は是非、本をご覧ください。
「捨て」メインの片づけ方法が合わない、という方にマッチするのではないかと思います。

ヘヤカツは、まず「掃除」

このメソッドを実践するのは、かなりハードルが高いです。
「こんまり」以上です。

しょっぱなからビックリしますよ。
まずは

「掃除機を買い換えよう」

ですから!!!
ビックリして、いつも使わない大文字&色文字まで使っちゃいましたよ。

ごめんなさい・・・無理です・・・最初から挫折です・・・

しかしヘヤカツの第一歩が「掃除がしやすい部屋を作る」ということには賛同します。
「掃除が最優先」と言い切っています。

最初に必要なステップは、以下の3つです。

  • 掃除機を買い換える
  • 掃除機を磨く
  • 部屋の中央のVIP席に収納場所を確保

3ステップを実践!?

掃除機の買い替えは無理ですが、ヘヤカツメソッドの考えは素晴らしいので、まずは最初の3ステップに挑戦です。

ステップ1

わが家はマキタのスティック式コードレス掃除機です。

買い替えの代わりに、できる部分だけ水洗いしてみました。

他のブログで分解して水洗いしているのを見かけましたが、それこそ掃除機の買い替えになりそうなので、常識の範囲内です。

ステップ2

水洗いできない箇所も含めて、磨きました。
磨くことによって愛着がわき、掃除への意欲が高まります。

ステップ3

部屋の中央のVIP席。
一番取り出しやすい収納場所

かなり悩みました。

冷蔵庫横はVIP席ですが、食品を扱うキッチンに掃除機を置くのは抵抗があります。

次の候補は脱衣所。
脱衣所が一番、掃除機をかけたい場所です。
しかし湿気が気になる。

現在収納している玄関クローゼットには、キレイに収まっていますが出し入れがしにくいです。

掃除機収納場所を変更

悩んだ末、掃除のしやすさ最優先で脱衣所に決定しました。
ちょうどいいスキマがあったし。

問題は掃除機をぶら下げる為に、フックを設置しなければならないこと。
しかしその場所はもともとお風呂掃除用のブラシをぶら下げたい場所だったので、掃除機が失敗だった場合はブラシ用フックにすることにしました。

こうなりました↓

↓なるべく目立たない、白のフックを使用。

脱衣所がゴチャゴチャするのでここに置くのはイヤでしたが、「掃除しやすさが最優先」というヘヤカツの理念を最優先にしてみました。

ヘヤカツ頑張る

この後も難易度の高い内容が続くのですが、できる範囲でやってみたいと思います。
「できる範囲で」と言っちゃった時点で、やる気はあまりないとみなされるでしょうけど。笑

しかしヘヤカツは、考えも手法も独特で結果が伴いそうなので、本の通りに進める価値は十分あると思います。

created by Rinker
¥1,620(2019/05/25 03:49:58時点 Amazon調べ-詳細)

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

ブックレビュー
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト