◆ ◆ ◆

2週間チャレンジ!さらばビューラー(また会う日まで?)

2週間チャレンジ

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

「2週間ビューラーを使わないチャレンジ」最終報告です。

しばらくまつ毛を休めてあげようかなぁ〜程度の軽い気持ちで始めたチャレンジ。
しかし私決めました。

ビューラー捨てます!

実は自分でもびっくり。
ビューラー&マスカラを捨てる日は、オシャレを捨てる日だと思っていたからです。

スポンサーリンク

ビューラー使わないと、朝がラク

これは皆さん想像つきますよね。

朝のメイク、時間がない!間に合わない!!と焦りに焦る朝のメイクの時間が短縮されます。
めっちゃ快適です。
でもただ単に「ラクだから」というのであれば、それこそオシャレを捨てるだけです。

「ラク」はあくまで「ビューラーをやめた結果、ラクになった」という付属的な「ラク」であり、「ラク」目的でやめたわけではありません。

一重目にビューラー&マスカラは効果がなかった

わたしは20年以上ずっとビューラー&マスカラを使ってきました。
しかし今ひとつ「キレイになった」実感がわきません。
マスカラをしていても、デパートのコスメカウンターでBAさんに「マスカラとかつけないんですかぁ?」と言われたこともあるので、やり方がハンパだったのでしょう。

今回2週間以上ビューラー&マスカラなし生活の後、久しぶりに使ってみて分かったことがあります。

「わたしがこの2つを使っても効果はほとんどない」
「むしろ使わない方がキレイ」

わたしの目は大きくも小さくもないですが、きれいなアーモンド型の一重です。
その瞼のラインにまつ毛を上げることによって、上方向には大きく見えるようになりますが、逆に幅は小さく見えてしまいます。
(目尻のまつ毛を意識して外方向に伸ばすようにマスカラをつけていましたが、それでも。)

せっかく切れ長ラインの長所を、消してしまう結果になっていました。

なぜ20年もそのことに気づかなかったのか!?
違うのです。
若い頃は顔にもファッションにも勢いがあって、手をかけたアイメイクも合っていましたが、歳を重ねるに従って似合わなくなったのです。

もちろん60代でも70代でもビューラー&マスカラが似合う人も多いですが(自分もそうありたいと思っていた)、今のわたしの顔とファッションには、むしろない方がしっくりきます。

反面、アイラインは劇的効果

ビューラー&マスカラはやめるで決定ですが、アイラインは継続します。

アイラインを「する」と「しない」。
これは決定的に違いました。

「しない」と寝起き顔そのままですが、「する」とキリリとよそ行きの顔になります。

アイラインは濃いブラウンで、まつ毛の根元を埋め込むようになるべく細く引いています。

アイラインを引くと、夜の洗顔の時にどうしてもこすってしまうので、目のため・まつ毛のためによくないことは明白です。
しかし効果を実感できる以上、まだ続けていきたいと思います。

処分したモノ・残すモノ

処分したモノ

  • ビューラー
  • マスカラ
  • アイカラー

アイカラーは瞼に透明感を出してくれる、一重目にはオススメのラベンダーカラーです。
しかし瞼の「色」はマスカラを塗った「強いまつ毛」あってこそのもの。
素まつ毛に「色」は支えられないので処分します。

残したモノ

  • アイパレット

右下の黒は、アイライン代わりにまつ毛のキワに。
左上のハイライトは、瞼に光だけを乗せるために。

アイラインは、ペンシルよりこちらの方がメイクオフ時に負担が小さいと思うのですが、見た目・効果を比較しながら決めたいと思います。

2週間チャレンジを終えて

今回のチャレンジが、今までで一番得るものが大きかったです。
自分で納得の上、手間とモノが少しだけ減りました。
清々しい気分!

次回は何にしようかな〜♪とワクワクしています。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2週間チャレンジ
スポンサーリンク
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました