◆ ◆ ◆

新築アイデア集02・天井を見上げてみる

新築アイデア

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

今回は「新築アイデア集」第2回です。
わが家の紹介も兼ねた第1回はこちら↓

▶︎新築アイデア集01・金具を考える

今回は天井についてです。

本当はアクセントウォールをしたかった

インテリア系のブログや雑誌を見ながら、アクセントウォールに憧れていました。
アクセントウォールとは、壁の一部を別な色(ほとんどの場合アクセントになる目立つ色)にすることです。

子供部屋なら鮮やかなブルーやイエロー。
寝室ならわたしの好きなブルーグレー。

壁紙を選ぶ段階で、内装関係の業者さんに相談してみました。

結果・・・
「鮮やかな色の壁紙は高いです。」

どおりで、わが家が選べる(低予算の)壁紙サンプル帖に、鮮やかな色がなかった訳です。

天井に、色をつける

予算を上げてまでアクセントウォールにする程のこだわりもなかったので諦めかけたのですが、業者さん曰く
「寝室の天井を暗めの色にする、という手もあります。」

聞くところによると、寝室の天井を暗めの色にすると、落ち着いてよく眠れるそうです。
電気消したら見えないじゃん!とも思うのですが、落ち着いた雰囲気の大人っぽい部屋もいいと思い、天井の色を変えることにしました。

しかしやっぱり低予算壁紙サンプル帖には、濃いめの色もないんですよね。
白・オフホワイト・生成り、がほとんどです。

そんな中からどうにかグレーを寝室天井に選び、どうせなら子供部屋も変えよう!と水色を選びました。
天井が空の色だよ〜と言うと、子供たちは嬉しそうでした。

↑子供部屋

↑寝室

結果は大満足

天井の色、とても気に入っています。
アクセントウォールだったら、正直飽きていたかもしれません。
しかし天井はほとんど視界に入らず、意識した時だけ見えるので、2年目になりますがいまだに新鮮です。

ちなみにわが家の場合、同じ値段の壁紙であれば、壁と天井の色を変えても追加料金はかかりませんでした。

ただしあまり目立たない天井とはいえ、やはりイメージが固定されがちなので、パブリックスペースはやめておいたほうが無難かもしれません。

アクセントウォールであれば、トイレがオススメです!
狭い空間なので、お高めの壁紙でもそんなに¥かかりませんが、効果は抜群です。
毎日何度も訪れるけれど、短時間しかいないので「飽きる」ことも少ないと思います。

行くたびにワクワクなトイレ、如何でしょうか。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

新築アイデア
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました