◆ ◆ ◆

オススメのアイライナー&一重まぶたのアイライン問題

美容・アンチエイジング

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

今回は、ヘアメイクのお仕事をしている友人オススメのアイライナーを購入したのでご紹介します。

そして一重まぶたアイライン問題。

せっかくアイラインを引いてもまぶたがかぶさって全く見えない・・・一重まぶたにはそんな悩みがあります。
私なりの解決方法をご紹介します。

スポンサーリンク

オススメはローラメルシエ

今回購入したのは「ローラメルシエ ロングウェア クリーム アイペンシル」の色は「エスプレッソ」です。

ローラメルシエ公式通販はこちら
私は楽天で購入↓

ペン先はこんな感じ↑
黒に近い、濃い茶色。
付属のシャープナーで削って使います。

使い心地

目のキワに入れるので、まぶたを強く引っぱるとシワになりそうで怖いですよね。
その点こちらは芯がとても柔らかいので、余計な力を入れなくてもスルスル描けます。

しかし「描きやすい=落ちやすい」のアイライナーが多い中、こちらは落ちません。

描いてしばらくすると、綿棒でこすっても落ちません。
(逆に言うと、ぼかしにくいです。)

1日リタッチなしで過ごしても、下まぶたに全然ついていませんでした。
アイライナーにとって、これが一番重要ですよね。

色はコバルト・バイオレット・スレート・セージ・エスプレッソ・ノワールの6色あります。
使いやすいのがエスプレッソだそうです。

私はパーソナルカラーがサマーなので茶系は基本似合わないです。
しかしメイクに使う色は、なるべく顔の中に自然にある色を使いたいのでエスプレッソにしました。

似合う色だからといって紺系を選ぶと、顔から浮いてしまいそうな気がするのです。
逆にそれは「目立つ」ということなので、紺系のマスカラなどはとってもオシャレですよね。

とは言いつつバイオレットやスレートも気になるのですが、色を試せるお店が近くにないので(田舎暮らしなもんで)手を出していません。

一重まぶたの人は、アイラインどうしてる?

冒頭でも書いた通り、一重まぶたの目はせっかくアイラインを引いてもまぶたがかぶさって見えなくなってしまいます。
かといって、目を開けていても見えるくらい太くアイラインを入れると、まばたきをした時に不自然に太いラインが目立ってしまいます。

今回ローラメルシエのアイライナーを買うまでは、アイラインの代わりに濃色のアイシャドウを目のキワに入れていました。

マキアージュのパレットの右下の黒です。
薄づきなので、実際に入れると薄墨色になります。
これを付属のとんがりチップ↓で入れると、ブレずにキレイに引けます。

ある程度太く入れても色が薄いので、目を閉じたりまばたきをしても悪目立ちせず自然です。
一重まぶたの人は、目を開けた時にほんの少し見える程度の太さで、薄めに入れると良いそうです。

ただローラメルシエでその太さまで描くと、綿棒でぼかしたとしてもちょっと濃すぎるような気がします。
やはり濃色アイシャドウでキワを引き締めてからまつげの生え際にアイライン、の王道がベストだと思います。

普段のメイクは今まで通りマキアージュのアイシャドウ、もしくはローラメルシエのライナーのみで、ここぞという時にはシャドウとライナーW使いにしたいと思います。

気になる「落としやすさ」

アイメイクの時気になるのは、「落ちやすさ」と共に「落としやすさ」があると思います。
つまりメイク中は落ちない方がいい、しかしメイク落としの際はスッキリ落ちて欲しい。
なんともワガママな話です。

↓の画像は上がローラメルシエ、下がマキアージュ。
マキアージュはアイシャドウなので、アイライナーより薄いです。

ハンドソープで洗ったところ、ローラメルシエは全然落ちず。
マキアージュは完全に落ちました。

(洗った後の画像がなくなってしまいました・・・)

 

↓P.G.C.D.の夜用ソープで洗った後。
完全に落ちましたが、かなりこすりました。
目のキワをこれだけこすって洗うのはまず無理です。

結論。
ローラメルシエはメイク落し必須。
アイシャドウは軽い洗顔で落ちます。

日常メイクは素顔を整える

日常のメイクは素顔を整える程度です。
40を過ぎると顔がぼんやりとしてくるのでそれを引き締め、肌を整える。

特別な時には、実物以上にキレイにしたいと思いますが(笑)、普段はこれで十分です。

できるだけ短い時間で、できる限りの効果を得ることが目標です。

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️お片づけサービス好評受付中!!
山形|心地よい暮らしのお片づけ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
美容・アンチエイジング
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました