◆ ◆ ◆

カラフルでチープな貰い物でも、自分が気に入ればいいじゃない

日用品

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

シンプルライフやミニマルライフを実践しようと頑張っていると、ある時「モノ」に憎しみを感じることがあります。
私の場合、不揃いなものやカラフルなものでした。

割れて数が減った食器類。
昔買ったカラフルな収納用品。
なぜか柄入りを買ってしまったホーローのミルクパンなんてのもありました。

これらをぜ〜〜〜〜〜〜んぶ捨てて、一気に全部買い換えられたらどんなに気持ちいいだろう、とよく考えました。

しかし現在は不揃いやカラフルに、以前ほど目くじらをたてることはなくなりました。
不揃いには味が、カラフルには個性が感じられるようになってきたのです。
さすが不惑の40代!?

自分の選択眼に自信が持てるようになった、ということもあります。
シンプルライフ的には処分もしくは買い換え、と言われるようなモノでも、自分が納得して気に入っていれば堂々と使えるようになりました。

今回はそんなカラフルチープなモノをご紹介します。

スポンサーリンク

粗品の袋止めクリップ

私の愛する袋止めクリップです。

その名も「colorful clip」。

母が百貨店で粗品としてもらったものを、さらに私にくれました。
自分の不用品を家族に押し付ける・・・ダメな処分方法ですね。笑

私が何でもかんでも捨てるので、夫が「これこそ捨てるものじゃないの?」と指摘した品ですが、夫だってか〜な〜りお世話になっているモノなのです。

我が家では主にパンやコーンフレークの袋を閉じるのに使用しています。
ポテチなどのスナック菓子はあっという間に食べきってしまうので、袋止めは不要です。(←ダメ人間)

とっても便利なのでもっとシンプルなものに買い換えようと思ったのですが、ある理由でやめました。

袋止めがカラフルでもいい理由

まずはこの写真をご覧ください。
使用中のクリップです。

次はこちら。
出番待ち、収納中のクリップです。

カラフルで馴染んでますよね。

つまり使用中も収納中もカラフルなものに囲まれているため、クリップ自体がカラフルでも全く気にならないのです。
逆にシンプルな白だと存在感がなくなって、なくしてしまいそうです。

無印良品の袋止め

無印良品からも袋止め、出ています。
無印らしい、ポリプロピレンのシンプルなものです。

しかしいかんせん、短いのです。
長い方で12m、短い方は7cm。

我が家のは16cmでちょうどいいです。
これより短くなると袋を何度も折らなくてはならなくなり、厚みが出るのでクリップが止めにくくなります。

無印でももっと長いもの、出ませんかね。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人でセミナーを行っています
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
日用品
スポンサーリンク
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました