◆ ◆ ◆

視点を変えよう!今すぐオシャレになる方法・上級編

オシャレ

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

今回は「今すぐオシャレになる方法・上級編」です。

▼︎パーソナルカラーも骨格診断も必要なし!今すぐオシャレになる方法・初級編
▼︎シンプル服にプラスα!今すぐオシャレになる方法・中級

中級編から随分と間が空いてしまいました。
なぜかというと・・・私が全然「オシャレ上級者」じゃないからです。

そんな私なのであまり説得力はありませんが、いつもと違った視点でファッションを見直すきっかけになればと思います。
よかったら試してみて下さい。

スポンサーリンク

質感にバリエーションを


先日とってもオシャレな人を見かけました。

全体的に淡い色のコーディネイト、色の組み合わせもデザインもステキな服+帽子で颯爽と歩いていたのですが、ひとつだけ気になることがありました。

それは身につけているアイテムの質感です。

布の帽子、布バッグ、洋服はもちろん布、色柄は違っても質感が全部同じ布。
そこに足元だけ重たい、黒の革靴。

せっかくステキなコーディネイトだったのに、ちょっと残念でした。

この場合バッグをカゴにしてみたり軽めの皮バッグにしてみたり、帽子を麦わらにしてみるなど、質感にヴァリエーションをつけてあげるとメリハリがつくと思います。

アクセサリーで、石や金属の質感と光を添えるのも効果的です。

革製品は特に、ツヤ消し・ツヤあり・エナメル・スウェード等、質感が様々なので、馴染ませたいのか目立たせたいかなど意識して選ぶとうまくいくと思います。

これからの季節は、メタリックのサンダルやエナメルのバレエシューズなど、服の軽さとバランスを取りつつ質感バランスも良い靴がオススメです。

明度バランスを気にしてみる

中学の頃習いましたよね。
色相・彩度・明度。
これらを思い出して、ファッションに応用してみませんか?

色相や彩度も私は(心の片隅でちょこっとだけ)考えて服を選んでいますが、それよりも明度バランスを考えるのが手っ取り早いと思います。

明度バランスなんていうと難しそうですが、要はコーディネイトを白黒写真で撮ってみたらどう見えるか?を考えることです。

ボトムスが濃い色・◎バランス

左下は、紺のボトムス+水色のトップス+白のインナー。
これを白黒にしたのが右下。

平凡ですがいいバランスですね。

fuku1

ボトムスが薄い色・◎バランス

ボトムスが濃い色の方が無難にまとまりますが、トップスが濃い+ボトムス薄い、でももちろんOK。
白黒にしてみると分かりやすいですね。

fuku2

全体が濃い・×バランス

上2つに比べて重苦しい左下のコーディネイト。
白黒にすると全体が黒っぽくてメリハリがありません。

もちろんこの明度バランスでも色彩上級者なら着こなせるでしょう。
ただ・・・難しいです。

fuku3

左上のコーディネイトでも、白いロングネックレスやストールをあしらえば、ワントーンコーデとして生きてきそうですね。

全体が薄い・×バランス

これはこれで良い気もしますが、やはり色合わせがうまくいかないと難しいです。
ツモリチサトやフランシュリッペなどなら可愛くなりそう。
でも全体的にぼんやりですね。

fuku4

×バランスを生かす方法

×バランスは、分かった上であえてぶつけるコーディネイトでない限り、失敗しがちです。

これをキレイにまとめるコツは

  • 同系色2色以内を使う
  • 無彩色やベーシックカラー(ベージュやオフホワイトなど)を使う
  • 彩度に差をつける

このあたりでしょうか。

主役を一つに絞る

  • デザインの変わったブラウス
  • 個性的な柄物のスカート
  • モチーフのついたサンダル
  • フリンジのついたカゴバッグ
  • 変わった色の帽子

これらを一度に身につけて可愛らしいのは、せいぜい10代でしょうか。

主役を一つに絞って、目立たせたいアイテム以外は背景に徹する。
そうするとオシャレなのに余裕のある人、になれます。

そのためには背景になれるベーシックアイテムが必要です。
私はむしろベーシックアイテムのみのコーディネイトが好きですが。

ミクロとマクロ

オシャレしてお出かけするとき、ストールの結び方やブローチの位置、髪型など細かいディテールが気になりますよね。

ディティールはもちろん大切です。
ブローチの位置がちょっとズレただけで、全体のイメージが変わってしまいます。

▼︎ブローチで、シンプル服に個性を添える!

しかし接近した目線、ミクロの目線だけではオシャレになれません。
必ず「引き」の目線、マクロの目線で全体をチェックしましょう。

お出かけ前に靴も含めて全身をチェックするのはオシャレな人たちの常識ですが(いや、私はそこまでしてませんが)、ブローチを付けたら全身をチェック、ストールを巻いたら全身をチェック、帽子を被ったら全身をチェック、これくら何度もチェックしていくとコーディネイトは成功します。

これは色々なものに応用可能です。

チェストの上に花と雑貨を飾ったら、必ず何メートルか離れて全体のバランスを見ます。
絵を描くときも、時々離れて遠目で見た時のバランスを見ます。

何事も少し距離を置いて見つめ直すと、思いがけない気付きがあると思います。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オシャレ
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました