◆ ◆ ◆

こんまりメソッド番外編・5年前の書類整理!

実践!こんまりメソッド

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

前回の「こんまりメソッド実践編」で書類をやりましたが、5年前に行った記録がありましたので振り返りたいと思います。

▼︎こんまりメソッド実践編9・書類整理は全捨てすると困ります

以下、5年前の育児ブログをまるっと転載です。
(育児ブログは現在閉鎖して、ありません)

5年前のこんまり書類整理

(ここから5年前のブログ)

書類編です。
書類で難航しております。

書類をナメていました。
書類なんて「要・不要」を判断するだけじゃーん!と思っていました。

こんまりさんは
『書類は全捨てが基本!』
『電化製品の取扱説明書も捨ててしまいましょう』
とおっしゃってますが…

ごめんなさい!無理です!
家電の取説は、私結構見ています。
だいたい最近の家電は操作が複雑で、例えば冷蔵庫の「製氷器の自動洗浄機能は○○ボタンを5秒以上押す、を2~3回繰り返して下さい」なんて、いくら自分で試したって思いついたりするものじゃ~ないじゃないですかっ。

などと熱くなりながら、それでも書類を整理していきました。

うちの場合書類は「2階の本棚の書類立て」に取説や契約書類、「1階の引き出し」に家計簿関係と子供関係を入れています。

本棚の方は、それでも色々捨てまくり、書類立て(ファイルボックス)3つとプラスごちゃごちゃあった分が、余裕を持って3つに収まるようになりました。

問題は1階引き出しです。
なぁ~んか片付かないのですヨ。

とりあえず捨てられるものは捨てました。

子供関係の「急病のとき役立つQ&A」やら「安全のしおり」系は、捨てるのが不安な上に『保存版』なんて書かれちゃったりして捨てにくかったんですよね…
長男と次男ふたり分あったりしたのを捨てたり、内容がかぶるものは読みやすい方を残して捨てたりしました。

後は家計簿関係のごちゃごちゃした書類。
家計簿をマメにつけていないので、どうしても書類がたまってしまうのです。
一度カンペキに仕上げて、それ以降はためないようにするしかないと思いつつ、なかなかできないんですよ。
時間がかかる割に捨てるものが少なくて、充実感が得られにくいというのもあると思います。

書類はこれからも時間をみてちょこちょこやるということで、ガッツリ捨てられる他のコトにいってしまおうと思います。

あ~段々、こんまりさんの方法から遠ざかっていっています。

(ここまで5年前のブログ)

反省会

最後ダメダメですね。笑
完璧に仕上げていません。

とりあえず「急病のとき役立つQ&A」などは、子供が大きくなって処分しました。
ネットでも調べられる情報ですが、冊子という形で手元にあると安心だし便利です。
(病気の子供に寄り添いながら、冊子で調べたりできるので。)
期間限定のものは「その時期が過ぎたら捨てる。それまでは取っておく」と割り切るのも良いのではないでしょうか。

家電の説明書は、現在も同じスタンスです。
イマドキの家電は複雑ですからね〜、説明書は割と頻繁に見ています。

家計簿関係は、今でもごちゃごちゃ。うふふ。
週末にでもがっつり片付けようと思います。

あまり進歩のない私なので、書類整理は定期的に行わないとドンドン溜まってしまいます。
こんまり流「祭りが終わればリバウンドなし!」はあまり通用しないのかなぁと感じます。

服でも本でもそうですが、定期的な見直しは必須ですね。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

実践!こんまりメソッド
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト