◆ ◆ ◆

家計簿は3年連続「クロワッサン家計簿」シンプルでオススメ!

日用品

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

お小遣いをもらい始めた小学生の頃から、ずっとお小遣い帳をつけてきました。
書いていた項目は、日付・ことがら・入・出・残、のみでしたが、何にいくら使って残額がいくらか、というのが一目で分かり重宝していました。

そして現在は、この家計簿を使用しています。

2018年版のクロワッサン家計簿記事はこちら▶︎2018年も家計簿は「クロワッサン」健全家計の最強ツール

クロワッサン家計簿2016

このクロワッサン家計簿がとても使いやすいので、今年で3冊目です。

それまではオレンジページの「シンプル家計ノート」を何年か使っていましたが、クロワッサンの方が見た目がシンプルで、巻頭のアドバイスや各ページのコラムが硬派でよかったです。

特にアドバイスは、毎年ファイナンシャルプランナーの人が5〜6ページ書いていて、内容が濃くてとても役に立ちます。
なかなかお金の本を買うことはありませんが、このような形であれば時々読み返すこともできてよいです。

気になる中身

まずは月初め

1ヶ月カレンダーが付いているので、支払いスケジュールを記入しておくと良いでしょう。
その月の家計のヒントも載っていて、月にひとつであれば実行するのも楽々です。


記入欄は1週間見開き、週ごとに合計が出せますので、月の集計も簡単です。

項目は「食費・外食・日用品・交通費・レジャー教養娯楽・衣類費・美容費・教育費・医療費・交際費」と過不足ありません。

以前私はこの下に「育児費」を作って、オムツや離乳食、子供用衣類など分けていましたが、現在は日用品や衣類費に入れています。


毎月のまとめページです。

収入・支出が一目で分かり便利です。
毎月のこのページを見開き1ページに書き写す、年間収支一覧表も使いやすいです。

家計簿を「活かす」

どうしても「書いて終わり」「書いて満足」に終始しがちな家計簿。
少なくとも私は「書くこと」自体が目的になってしまって、結果を家計に活かすことが苦手です。

せいぜい「今月は食費多すぎた〜」や「季節の変わり目は衣類費がかかるなぁ」程度です。
しかしわずかであってもお金について真剣に考える時間を持つというのは、長い目で見ればよい習慣づけだと思っています。

クロワッサン家計簿は書きやすいのでつけるのが苦ではなく、続けられます。

願わくば、毎月の〆で、赤ペンを使う機会が減りますように!

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

日用品
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト