◆ ◆ ◆

洗剤のラベル剥がしますか?白ボトルに詰め替えますか?

ミニマリストの暮らし

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

見えない収納だとしても、扉や引き出しを開けた時、中のモノが美しく整っていると気持ちがいいですよね。

こんまり先生も「収納を開いた時に見える情報の多さが、部屋の中にざわざわ感を作り出す」と言っています。
消臭剤や洗剤などの、好きではないパッケージのフィルムは剥がすそうです。

またインテリアの上級者になると、洗剤類を全て白の容器に入れ替えて統一する人が多いです。

でも私はあえて、ラベルを剥がしたり、白ボトル詰め替えたりはしません。
これについて考えていきたいと思います。


↑つまりはこういうやつ

スポンサーリンク

ラベルを剥がさない・白ボトルに詰め替えない理由

だって面倒くさいんだもーん。

という本音は置いておいて・・・

もちろん私もシンプルなパッケージが好きです。
見える場所に置く(カバーをかけない)BOXティッシュは、セブンプレミアムの白箱を使っています。

↓かさばる日用品もネットスーパーでラクラク♪

ーーー

寝室ではこちらのカバーを使用


↑サイトーウッドです

リビングのカバーは、旅行先で買ったもの

洗剤類も上にピラピラと飛び出している、スグ剥がせる宣伝文句だけのものは剥がします。

しかしそれ以外の、例えば洗濯洗剤・柔軟剤・漂白剤・食洗機用洗剤などは、購入したパッケージそのままで使用しています。

理由その1・家族のため

わが家の子供たちはまだ小さいので洗濯はしませんし、そうじの時も必ず親が指示をだします。
そもそもパッケージ読めませんから、子供たちは関係ありません。

問題は夫。

たまにしか使わない洗剤類は「どれくらい入れるの?」と聞かれることもありますが、その時いちいち手取り足取り説明したくありません。

パッケージを剥がしたり、別ボトルに詰め替えていなければ「説明読んで」で終わりです。

あとは私自身も、時々使用量を確認します。
思い込みなどで正しい使用量を守れていないこともあるので、チェックが必要です。

理由その2・心の平安のため

全てを白ボトルに詰め替えている人は、キレイに統一されていないと心の平安は保てないでしょう。
しかしそれは「ここまでやればいい」という基準がありません

白とはみんな同じ色ですか?
純白あり、オフホワイトあり、うっすら透けていたり、いろいろですよね。

白ボトルに詰め替えたら詰め替えたで、この微妙な色の違いに耐えられなくなりませんか?

大きさも、詰め替え用のパックが全部入りきらなくてイライラしたり、もっとよい商品を見つけて落ち込んだり。

私は始めてしまったら結構完璧主義者なので、これらのことを想像するだけで胃が痛くなります。
自分自身の心の平安のために、詰め替えません。

理由その3・お金がない!

白ボトルを購入して詰め替え?

はい。
そんなお金ありません

理由その4・何を使っているか忘れてしまう

年とともに忘れっぽくなってきます。
洗濯洗剤、アタックだっけ?アリエールだっけ?

ボトルを詰め替えていなければ、見て確認でOK。

シンプルで美しいパッケージの無添加や自然派洗剤を買える人が羨ましいです。

結局as you like…

最後の方はグチになってしまいました。

結局は自分が心地よいと思えるやり方でやるのが一番です。

でももし、パッケージは全部剥がさないと美しい収納は完成しない、白ボトルに詰め替えてビシッと揃えないと恥ずかしい、と思っている人がいれば、「そんなことないよ、好きにしていいんだよ」と言ってあげたいです。


毎日使うこちらも、このまま使用。
ラベル剥がしてもボトル緑だから意味ないし・・・

パッケージのごちゃごちゃ感が気になるのは、モノが多い証拠。
モノそのものが減れば、それほど気にならなくなると思います。

まずは減らしましょう!

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

▫️整理収納アドバイザー3人のお片づけユニット
山形 お片づけfacil

▫️自宅セミナー好評開催中!!
片づけマニア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミニマリストの暮らし
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました