◆ ◆ ◆

こんまりメソッド実践編7・洋服編まとめ&ときめく収納

実践!こんまりメソッド

こんまりメソッドとは:「人生がときめく片づけの魔法」の近藤麻理恵先生が提唱する片づけ方法です

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

今回のこんまりメソッド実践編は、洋服編まとめ&ときめく収納です。
洋服編が終わったはずなのに、数は減らないし、どうもスッキリしない気分です。

こんまりメソッドでは、ミニマリストになれない

今さらですが、近藤麻理恵先生はミニマリストではありません。
こんまりメソッドを忠実に実践しても、クローゼットがスカスカになることはありません。

もちろん残るのはときめく服ばかりなので、朝の服選びは格段に楽になるでしょう。
眺めるだけでもうっとりなクローゼットになるはずです。

わたしの場合、初めてこんまりメソッドを実践した時は、劇的にスッキリしました。
しかし今回は、必要に応じて断捨離をしてきたので、クローゼット整理止まりに。

ここから服の数を減らすのは、自分の体型に合う+自分が着ていて楽しくなるコーディネイトを1〜2パターン決め、それに沿ってワードローブを再構築していく必要がありそうです。

皆それぞれに体型コンプレックスがあると思いますが、私の場合は足が短い&大転子(大腿骨と骨盤の接続部分・足の付け根の外側部分)が出っ張っていることによって、キレイに着られる洋服が限られてしまいます。

これを目立たせないコーディネイトで、なおかつ自分が好きな服を、今も最優先に考えています。
この辺りをクリアしたら、手持ちの服はもっと減らせるでしょうか。

ときめく収納は、いつやる?

「まずは捨てる」を完璧に終わらせてから収納に着手する、とこんまり先生はおっしゃってますが、それはいつでしょうか?

以前こんまりメソッドで片づけをした時、私はそれを「家中全ての”捨てる”を終わらせてから」と解釈しました。

しかしこれは大失敗でした。

洋服が終わって本、書類、小物、思い出の品、と進み、全て捨て終わった後にはかなりの充実感。
「やりきった!」と感じて、そこで終了しました。

・・・・・ときめく収納がまだだったのに。

今回私はときめく収納のタイミングを、各カテゴリーの「捨てる」が終わった時、に変更しました。
そうするとそのアイテムに対する想いや情熱がまだ新鮮なうちに収納に着手することになり、最後までやり遂げられると感じたからです。

もしかしたら、小物類を片づけている時に出てきた裁縫セットをクローゼットに置きたいと思って、クローゼット収納をやり直すことになるかもしれません。

多分こんまり先生の「まずは捨てるを終わらせてから」は「家中全てのものを捨ててから」という意味だと思います。

しかし私は前回の自分の失敗を踏まえ、アレンジしてみました。

「ときめく」ために、たたみ方を変更

これまでの私のたたみ方は、こんまり先生とほぼ同じでした。
しかしこれを微調整することによって、とりあえずタンスの中は「ときめく」ようになったかな?と思います。

これまでの畳み方


まず両端を畳んで↓


縦を半分に折り↓


それを更に半分に折る

これだとシワもあまりできず畳みやすいので、ずっとこの畳み方をしていました。
しかしこれだと↓

このようにタンスの深さに合わない為、立てて収納できません。

+ + +

立てて収納するために、畳み方を変えて・・・

半分に折ったのを、3分の1に折ると↓


こうなります


しかしこの折り方だとシワになりやすく、タンスに立てた時も逆に低すぎてしっくりきません。

そして結局こういう状態に↓

手持ちのTシャツは全て把握しているので、これでも十分だったのですが・・・

+ + +

今回畳み方を変えました。


最初に3分の2辺りまで折って↓


それを更に3分の1まで折り↓


半分に折ります


これでタンスの深さぴったりの、立てる収納に成功しました!
(下着もあるので一応モザイク入れました。笑)

問題は、畳み方が以前よりめんどくさくなったので、続けられるかどうかです。
収納しているタンスの上が何も載っていないので、そこを畳み場所にして丁寧に畳みたいと思います。

スッキリしないのは、ときめく収納が不十分だから


現在のウォークインクローゼット。
ここと寝室のタンスの中が、わたしの服の全てです。

衣装ケースは、右上から下に向かって・・・

・パジャマやエプロン・ポーチ類
・私のオフシーズンの洋服
・帽子

左が上から・・・

・畳めるバッグ
・オークション出品中/出品待ちのモノ
・子供のアルバム

つまり6個のうち4個がわたしの服や小物です。

今回Tシャツだけはキレイになりましたが、それ以外がまだちゃんと出来ていません。
時間を見て手直ししていきますので、その時は追記したいと思います。

次回はこちら▼︎こんまりメソッド番外編・5年前育児中にやってみた記録