◆ ◆ ◆

年を重ねたからこそ、今再び西村玲子がおしゃれのお手本

ブックレビュー
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

今日は仕事が午前中で終わってしまった為、急遽美容院を予約して髪を切ってきました。
予約まで時間があったのでマックでお昼ご飯。
その時読む本を買う為、本屋さんに寄りました。

そこで買ったのが、「西村玲子のていねいだけど軽やかな暮らし」2014年夏発売の本です

↑大きめ正方形の本
なんかオシャレ

西村玲子さんを軸にした、自分変遷

小学生だった頃、読売新聞の家庭版(月一回のオールカラー冊子)で西村玲子さんが連載されていたと思います。
当時は手芸や子供部屋のインテリアに興味津々だった私。
西村玲子さんの手作りアイデアや、ガラス瓶に貝殻を入れて飾るようなちょっとしたインテリアの工夫など、大好きでワクワクしながら読みました。
「素敵な大人」のイメージ

しかし自分がもう少し大人になってくると、感じ方が変わってきます。
高校生くらいになると、頬骨の高い女性のイラストや長い髪のソバージュなどが「大人っぽい」ではなく「おばさんぽい」と感じるように。

完全に大人になってバブルも崩壊、ファッションもミニマルが主流となってきます。
チビTなども流行りましたね。
そうなると、肩幅の広い西村玲子さんのイラストは、肩パッドのバブルを引きずった「ダサい」イメージに。
よく読みもせず「あ、この人まだいたんだ」と思っていました。

そして現在。
きっと、自分が歳を重ねてやっと西村玲子さんに追いついたのだと思います。
各所に「そうそう!」「なるほど〜」など、共感できる部分がたくさん。
年齢を感じさせないファッション感覚と、年齢を重ねたからこそ取捨選択できるファッション感覚と、二つを兼ね備えていると感じます。

西村玲子さんと再会したきっかけ

以前購入したライフスタイル本。

↑おしゃれ担当、西村玲子さん
他に・・・

住まい:門倉多仁亜さん
ガーデニング:吉谷桂子さん
美容:吉川千明さん
食事:李映林さん

繊細な美しさを感じる本です。

↑「2」が出たとは知らなかった!

この本の「住まい」と「美容」が読みたくて買ったのですが、久しぶりの再会となった西村玲子さんに、いい意味で「あれっ?」と思いました。

今、私がしたいおしゃれについて書いてある。
描かれている洋服や小物も、なんかステキ。

ああ、西村玲子さんと同じ「世代」になったんだなー、とつくづく感じました。

久々に見た西村玲子さんは、ナチュラルにアバンギャルドをひとさじ加えたような、リラックスしているけど一癖ありそうな、なんだか面白い人でした。

こんな風にサラッとギャルソンを取り入れられるのが、大人の(感覚と財布の)余裕だよな〜と思います。
おしゃれをするワクワク感や楽しさを、思い出させてくれました。
やっぱりファッションってこうでなくちゃ!
だから私は「私服の制服化」はしません。

でもやっぱ西村玲子さん、買いすぎでしょう。笑
ブランドに疎いフリして、ブランド好きの買いまくり。
お金持ちで羨ましいな〜と思いつつ、その考えやエッセンスだけ頂戴して、私は私なりの、少ない服でのファッションの楽しみ方を模索していきたいと思います。

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

ブックレビュー
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト
タイトルとURLをコピーしました