◆ ◆ ◆

ミニマリストの食器選び、まずはルールを決める

日用品
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、ミニマリストの渡辺有です。

私は料理が苦手です。
料理好きの人は食器にも凝る人が多いと思いますが、私は必要最低限あれば良いと思う派です。
でも食器自体は好きなんですよね。
値段もお手頃でついつい増やしてしまいがちな食器ですが、スッキリした食器棚をキープする為に守っているルールが3つあります。

ミニマリストの食器選びルール

その1・食洗機で洗える

ズボラな私は食器洗いも嫌いです。
その手間を抑える為に、食洗機は欠かせません。
食器選びは、食洗機で洗えるコト、これが最低限のルールです。
つまり作家モノの陶器などは、選択肢にありません。

その2・いつでも買い足せる

私は滅多に食器を割りません。
割ったのはここ10年で2〜3回だと思います。

が、しかし。
自分は割らないのに人に割られると、何やってんのヨ!キーーーーーーーッ!となりがちです。
それがもう手に入らない作家モノだった場合、通りすがりのお店で見つけたメーカー不明の物だった場合、今は廃盤のものやヴィンテージだった場合、怒り心頭です。

家族分の枚数を揃えていた場合など、枚数が足りなくなり、食卓も食器棚もごちゃごちゃに。
そうならない為にも、私はいつでも買い足せる食器を選んでいます。

長く愛されている、THE定番。
どこのショップでも見かける、ド定番。
買い足せる安心感は計り知れません。

例え割られたとしても「・・・家計から買い足しとくからね」と言って終わりです。
そして送料など気にせず、必要な1枚だけを買い足します。
それで、どこかの誰にかは分かりませんが、なんとなく復讐したような気持ちになるのです。

その3・使い道と組み合わせが自由

少ない数で使い回すには、使い道が限定されない食器がいいですね。

ロールストランド・オスティンディアのフローリスは、普段は夫のお茶碗として使っていますが、少なめの麺類や丼モノにも使います。


イッタラのティーマ15cmは、サラダ・おかず・子供のカレー・具沢山スープ・お汁がわりの小さな麺類など、なんでもありですね。


↑ここ安い!
わが家はパールグレイ

白山陶器・ブルームのデザートカップは、デザートはもちろん、ミニサラダ・スープ・子供のおかずなどこれまたなんでもあり。

↑和・洋どちらもOKな汎用性の高さ
無地の食器の中で、アクセントに

白山陶器は醤油皿も使用中。
三寸のねじり梅です。
この大きさは、小さなお菓子を乗せるのにも重宝します。

これらにイッタラ・ティーマの21cmがあれば、お茶碗とお椀を足して、ほぼ完成です。
カレーもこれです。

↑上のボウルと同じお店。割れたらここで買おう。笑
我が家はホワイト

わが家の食器・これから

現在必要な食器は揃っているので、割れたら買い足すのみ、新しい食器を買うことはないと思います。
本当に気に入った食器を集めていけば、他に目移りすることも少なくなるのではないでしょうか。
子供がもう少し大きくなれば、またラインナップも変わってくるかもしれません。

気に入っているけど、半端な食器(家族分の枚数がなく、買い足せないもの)は、割れるまでは使用したいと思います。

マグカップについてはこちら▼︎無限増殖するモノの代表、マグカップとどう付き合う?

■□■ ランキング参加中 ■□■
いつも応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

日用品
watanabe-yuuをフォローする
モノ×ミニマリスト